トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スポーツは全般そうですが、やっぱり勝たないと面白くないもので。
今回のサッカーではつくずく「結果」が大事なんだと思いました。
大会開催前はあんまり盛り上がっていなかったのに、勝てばこの熱狂ぶり。

よく教育上、結果がすべてではない過程が重要だともいいますが、そうも言えないですよね。
練習試合の負けが込んだ時に岡田監督を解任しなかったことも、結果が付いてきたからセーフだし、
この前帰ってきた衛星探査機の有志もそうです。あんなに時間がかかって、信号を追って・軌道修正を繰り返して、成層圏で燃えつきていった衛星を擬人化し感情移入し感動しました。今後の開発予算の問題まで大きく取り上げられました。それも最終的なミッションが成功したから。

でもそれまでに失敗と試行錯誤がたくさんあったんでしょうね、ワールドカップの勝てない試合があったから今があるのかもしれませんしね。
千里の道も一歩から~

CIMG7201.jpg
CIMG7200.jpg

梅雨末期、大雨。
牧場前の側溝がふさがって道路が洪水です。
どんどんブラックの柵の中に流れ込んでいきます。
もともと池があったような土地柄なので、水がたかってしまうのはしょうがないのですが、やはり衛生的に心配です。排水路を設けてほしいと思っているのですが。

CIMG7206.jpg

今日はほんの少し日が差すなど、雨はちょっとだけ遠のきました。このまま梅雨前線どっかに行ってほしいな。




スポンサーサイト
  1. 2010/06/27(日) 10:44:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG7184.jpg
雨・雨。
じめじめの梅雨。
一昨日夕方青い空がこの世にあったんだと思った瞬間、雲の中へ。
ああ、終わらない雨はない?この雨は明日にかけても降り続くそうです。
本土が晴れても、奄美地方北部・種屋久地方は前線まっただ中で、そう簡単に雲はどいてくれません。

温泉掃除当番の日でした、夜8時過ぎです。
一人電燈のない真っ暗やみの木が生い茂る道をカブで走っていました。
その時は雨は小康状態で、雲の切れ間からわずかに欠けた月、遠くの空では音の無い稲光、そして暗闇の中に
灯る陸生ボタルの光たち。なんだか不思議な風景でした。
そろそろホタル乱舞の季節です。

それ以外にも最近多い虫がシロアリ。夜中にぶんぶん。
あと馬たちがかわいそうなのが蚊。ここぞとばかりにたかられています。

私といえばヒルに血を吸われること2か所。本当はライターで焼き切るか、自然にとれるまで吸わせておけば
かゆみが少なくて済むそうですが、なんで気持ち悪い!吸われているのを見てすぐ引き離してしまい、
吸われた後の傷口から血がたらり、流れ出てきました。あとは腫れました。トホホ。

こんな季節、トカラ馬17頭もいれば調子の良くない子も出てくるわけで。
本調子でない子がアキちゃんと坊。病気ではないのですが、食欲不信と覇気のない様子。
何とかマッサージと餌を工夫したり、いま様子見です。
糞は出ているのが救い。
何せしゃべれない彼ら、今の状態が回復に向かっているのか・それとも良くない方にいく可能性があるのか、
そこの見極めが難しくて、心配なのです。
今のところ回復に向かっています。今日はちゃんと最後まで餌を食べてくれました。元気な時のように
ちゃんと感情を表現してくれるようにもなってきています。

カンタの足も良好です。もう鞍をつけたまま1キロほど散歩に出ています。

健康第一!
日常に感謝!
普段って本当に素晴らしい。


  1. 2010/06/24(木) 19:38:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の晩はたたきつけるような雨と風で大荒れでした。
波もこの後3m近くまで高くなるようですが、われらが「フェリーとしま」は荒波を乗り越え~
今晩の出港決定です。
このところの悪天候で高尾には重たい雲が広がり、すっかり御岳様を隠してしまっています。
 
CIMG7149.jpg

「夜空に浮かぶ月を眺めるとき・・・自分の手でその姿を隠す・・・その時、月は存在するか」
人間は物事を主観でしか捉える事が出来ないという例えです。
宇宙時間のスパンでは違うかもしれませんが、人間界では月が絶えず存在し続けるということは当たり前のことで
普遍的なものだと皆理解しています。しかし、人は見る・感じるという主観をもって初めて対象を認識できるというのです。
物事を主観でしか捉える事が出来ない私たちにとって、物事を変える第一歩は自分を変えるということ?
その難しさに今日も自問自答です。

CIMG7165.jpg

ブラックが今年生まれのつばきのグルーミングをしています。
2月生まれのつばき、4か月でこんなに大きくなって!どんな女性に成長するのか超楽しみです。

CIMG7175.jpg

しかし今はまだ赤ちゃんの毛…このもみあげ・いや、あごひげ~みょうに貫禄。


  1. 2010/06/18(金) 15:37:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG7146.jpg

梅雨の雨。
島では4月に悪天候が続いてたっぷり雨が降ったので、もう貯水率は十分だと思います。
これ以上雨降り続いてほしくないな。
でもこの雲がとれたら灼熱の太陽でしょう、きっと。それもこわい。やさしい天候希望。
じめじめの中でもなんとか楽しみを見つけて生きています。


CIMG7128.jpg

これ、タマムシでしょ?
きれいね。


CIMG7141.jpg

最近なゆたはあすま兄に遊んでもらえてご機嫌です。
男の子同士、じゃれあう様子はほほえましいものです。
1歳年上のあすまは手加減してくれているように見えます。いいこだ。


CIMG7142.jpg

さて、この湿気でボロ溜まりにキノコが大発生。
どうしてボロに生えるキノコはグロテスクなものが多いの?
もっとかわいいのが生えたらいいのに。
ヨーロッパではマッシュルームの栽培に馬のボロが使われるとか!
なるほど。どうりで。
馬ボロは牛のと違ってべちゃべちゃじゃないのに栄養価がある!


  1. 2010/06/17(木) 16:02:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外は大雨。
週間天気予報を見るとここ数日はぐずついた天候が予想されているので、梅雨本番といったところでしょうか。

カン総理、カン総理、と大騒ぎですが、うちのカン‘タ’総理の様子は良好です。
びっこが治ってきています。良かったです。
CIMG7127.jpg
島の人のつてで、駄鞍をいただくことができました。
荷物を運ばせる馬具です。
ちょっと小型馬には大きく感じますが、以前鹿児島本土で馬に何か引かせたときに使ったそうです。
藁で編んだ大きなわらじのようなものも付いています。
雨があがったらカンタの背中を拝借して当ててみたいと思います。
改良したり、これをもとに新しいものを作ることも考えます。

カンタはただかわいいだけの愛玩動物ではありません。私としては生活するパートナーとして育んでいきたいと思っています。つまり昔の農家が馬を飼うそのように。
それはトカラ馬の像を考えてのことです。
トカラ馬は使役動物という側面を捨ててはいけないと思います。
乗馬もふれあいもそこから生れるものの方が自然だと思っています。
知り合いの農家の馬に会いに行くようなそんな感覚がトカラ馬のほっこりした風情と合っているように感じます。


宮崎県の口蹄疫が止まらないですね。
とうとう鹿児島県の県境・都城市でも感染個体が確認されました。
農家の方ももちろん、奮闘されている作業員さん獣医さんたちの事を思うと残念でなりません。
せっかく感染していない個体まで処分して緩衝帯を作ろうとしているのに、このウイルスはどれだけ強いのでしょう。
都城は歴史的にも薩摩藩とつながりが深く、ご年輩の方の中には半分鹿児島だと感じている方もいらっしゃるかもしれんません。
十島村でも対策本部を立ち上げたと昨夜の島内放送で言っていました。
考えられないことですが、島に入れば壊滅的被害です。
特に野生化山羊が散在している中之島では拡大を防ぎようがありません。
本当に水際での守りが必要です。

CIMG7007.jpg






  1. 2010/06/12(土) 11:11:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

CIMG7108.jpg


  1. 2010/06/10(木) 21:38:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG7096.jpg
さて、反省しきりです。
カンタが怪我をしてしましました。
繋牧(けいぼく)といって無口頭絡とロープで地面につなぎ止めて野に放すという方法があるのですが、カンタもだいぶこの方法に慣れ、草の豊富なところにつないでいたのです。私が戻るとロープが地面からはずれていました。
逃げないカンタにほっとしたのですが、なんだか軽くびっこを引いているようなのです。
はじめはどの足かわからないほど軽いもので、どうやら前足らしくその日は様子見で家の前の放牧地に戻しました。
しかし翌日、びっこがひどくなってしまっていたのです。
左前脚が患部のようですが腫れ・熱はなく、どこを中心に悪いのかわからずにいました。
島の牛飼いさんに相談したら見に来てくださって、蹄の裏に何か刺さっているのではないかとのこと。
昨日のうちに蹄の裏は確認していたのですが、改めて泥を落とし見てみても何か刺さったような跡・傷はありませんでした。小さい傷でも痛がるよとのことで、しばらく経過観察ということになりました。
馬の師匠は蹄に何か刺さって痛がるというのは鋭い金属でない限りあまりないことだと教えていただき、今は筋か腱を痛め腫れや熱を伴わない症状なのではないかということでいます。
運動をやめ、まずは1週間ほど様子を見ます。足を痛めた馬の多くは程度にもよりますが半年くらいは安静にする必要もあるそうです。
鞍の感触を忘れないように改善の方向が見られたら鞍つけの練習だけはした方がいいとのことでした。
つなぎ止めている間に驚くことがあって、ロープが絡まり勢いでねじったか傷ついてしまったのかもしれません。

ついさっき、探していた「馬に使っていた駄鞍」が見つかって手に入ったよと知らされたので、嬉しかったのですが、
カンタが早く良くなるように祈りの日々です。
昨日より今日、調子はいいように感じます(願っているからそう見えるのか?)
食欲もあり、良く食べてくれています。
それにびっこを引く割にはよく動きます。きっと回復は早いと思います。

CIMG7093.jpg


  1. 2010/06/10(木) 21:38:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たった今、「中之島ふるさとづくり委員会」がコミュニティセンターで開かれました。
先日、委員会で企画した大通りの伐採・清掃作業が行われたのですが、60人を超える多くの人が集まり2時間ほどで作業ができました。この勢いを今後の活動につなげようと第4回目の話し合いでした。
島民で島バナナを生産し島おこしの活動資金にしてゆこうということが決まりました。
失敗してもいいじゃないかという気持ちで取り組むことが話されました。
それと、夏場需要が見込まれる七つ山海水浴場の放棄されたトイレを島民で清掃・復活させようということも決まりました。
中之島は歴史上の経緯があり、集落が3つに分かれ、行事・地域運営がそれぞればらばらでした。
しかし、人口減少のなか人々がまとまらなくてはいけないというきもちがこの取り組みに表れているのだと思います。
できる範囲でやることも大切なことだと思います。

CIMG7091.jpg
さて今日は休日で、草刈りに勤しみました。
先日壊れてしまった(壊した)草払い機にかわって新しいのを購入しました!
今回は軽さを重視しました。以前のものは背負い式で馬力はあったのですが、何せ重くて3分かけたらはあはあ息が上がってしまうものだったのです。
新しい機械はたすき掛け式の共立製。軽いですが、今までの背負い式と要領が違うため、慣れるまでに変なところが筋肉痛になってしまいそうです。馬力は23CC、本当は竹やぶと格闘するのに24CC以上のクラスが良いかなと思ったのですが、お店の人のおすすめだったのでこれにしました。
壊さないように大切に使いたいと思います。


CIMG7103.jpg
自分が小さいなと思う出来事がありました。
もう二度とお会いしなくていいと安堵していた方の書き込みをあるサイトで見てしまったのです。
そこに書かれていたことに心の中で大きく突っ込みを入れました。
こんなことで気分がすぐれなくなる自分が嫌です。
中島みゆきの歌で歌詞の中に“憎しみを持つことで相手に縛られないで”というようなフレーズがあります。
実害がないのに気分を乱すことはみっともないことだと思うので、流します!水洗トイレにじゃーーー。
ほっ

そういえばその歌は古い話になりますがドラマ「家なき子」の主題歌で、
歌詞の語り手は主人公の女の子にいつも連れ添う犬の目線で書かれたものだそうです。
犬が彼女を見上げた時に何が見えるか、それは空と君。
「君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる」
トカラ馬はサラブレットと違いずっと小さく、私とは見上げる見下げるでもない同じ目線ですが、君たちが笑ってくれるなら私は嫌だけど悪にでもなる気持ちでいるよ(実際もう一部では悪者っぽいけど)と歌詞を思い出しながら思いました。

CIMG7122.jpg


  1. 2010/06/10(木) 21:19:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日宝島に遊びに行っていた学校の先生からびっくりする話を聞きました。
宝島で活用が始まっていた若いトカラ馬2頭のうち1頭が亡くなってしまったらしいのです。
宝島は島民自ら保存会を立ち上げて導入に踏み切った経緯があり、さぞ皆さん落胆されていることでしょう。
アクシデントがあったようです。事情を聞いた人が教えてくれました。動物を飼うにはきめ細やかな注意を要することを改めて感じました。
1頭では…、ということで近々また新たにトカラ馬を導入することを検討しているそうです。
宝島保存会は全国乗馬振興会と提携していて、トカラ馬保存会から譲ってもらうことが可能のようです。

中之島の子たちは元気です。
食欲モリモリです。
畜産の話ですが、ずっと以前は竹やぶなんて放牧地にならないと言われていたらしいのですが、現在は竹が見直され堂々と使われています。
それもそのはず?
竹の葉は馬たちにも大好物です。
この様子↓こむぎ
CIMG7090.jpg

ブラック
CIMG7066.jpg
依然脱走を繰り返す名士です。
脱走させないように予防線を張っているのですが、どうしてどうして、いつのまにか柵を出てグレーや坊の柵に遊びに行っています。息子の坊が父ちゃんが来た~と喜んでいます。特に喧嘩をするでもなく、プレッシャーをかけるわけでもなく、男子寮への挨拶でしょうか。
私が行くと「帰る時間ね」と自ら進んで帰る準備をします。だから時間かからず古巣に帰すことはできるのですが、
困ったものです。
まだまだ引き馬どころか頭絡をつけられない子たちがいっぱいいます。
調教をするのに超えなければいけない小さなハードルがいくつかあります。
徐々にやってゆくつもりです。

CIMG7052.jpg
かわいいつばき
4ヶ月目です。こんなに大きくなって。
色はミルクチョコレート色。

今は日が長くて夜7時まで明るいです。
冬になったらどうしようかとぞっとします。
仕事(〒)が終わって、馬が食べる草を刈り、トカラ馬牧場と家のカンタの世話、犬散歩なんだかんだで家に入るのは8時近くになります。


  1. 2010/06/10(木) 13:01:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG7031.jpg
じゃ~ん
真っ赤な長靴。アカレンジャーと評判に。
セシールの通販品2990円也。
カンタのひき綱が赤なのでおそろいコーディネイト(^-^)


  1. 2010/06/03(木) 20:55:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG7025.jpg

鳩山首相が辞意を表明したことで、政治の世界は大きく動いているようです。
いろいろ報道では言われていて、がっかりした・残念だという意見が飛び交っていますが、
彼が首相になった一つの意味としては、これだけ米軍基地問題を全国に広めてくれた事だと思います。
普天間基地が返還され、辺野古に移るなんて国民の何割が知っていたでしょうか。
以前から沖縄に行くとその問題が耳に入ることがありました。今回の騒動のずっと前、辺野古周辺で座り込みの抗議運動が何時何時あるから参加しませんかというメッセージも聞いたりしました。
でも局地的盛り上がりにとどまっていて、自民党政権ではもう変えることのできないものだとみんな思っていたと思います。今回の沖縄県民の県内移転反対コールを耳にすると、一度沈静化していた問題がまた沸騰して大変だと思いますが、全国の知事が当事者意識で集まったこと(だいぶ欠席者もいたようですが)を考えてみても一石も二石も投じたことになったのではないでしょうか。
さて、問題はこれからです。
日本の自衛の件も含めて日本はこれからどうやって国を守ってゆくのか考えなければいけません。
アメリカに頼ってこれからもやっていくのならば、国民が納得まではいかなくても“解る方針”を見つけなければいけません。このままぐだぐだで流れてしまうのはもったいないです。
武力には武力で
いや国家間の友好関係を構築すれば争いはない
対価を払って平和を買う
色々な意見があるでしょう。
でも望むのはひとつ「平和」です。


  1. 2010/06/03(木) 13:57:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG7004.jpg
とびうお!
生のをたくさんもらった時は、三枚にさばくのが大変なので、塩してぶつ切りにして冷凍しておけば、
あとで唐揚げをしたり南蛮漬けにしたりできるよと島のお母さんから教えてもらいました。


CIMG6995.jpg

ふくよかなおしり(^-^)
かわいいひなちゃん。
かいてもらうのが大好きです。
馬が気持ちいい~と言ってくれるくらいかくのはけっこう力がいって、私の指の爪は伸びる前に摩耗しております…。


CIMG7014.jpg
鹿児島の牛のセリは今月いっぱい中止となりました。
優秀な種牛は感染を防ぐために離島(種子島・喜界島)に避難しています。
大変な時期です。
島の子牛さんたちはしばらくのんびりでしょうか。


CIMG6948.jpg
今格闘中の雑草です。
抜いても抜いても生えてくる憎いやつ。
馬もこれには見向きもしません。



...続きを読む
  1. 2010/06/02(水) 15:55:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況
パソコンが壊れているのはご報告済みですが、今度は草払機が壊れました…というか、壊しました。
背負い式の重たいやつで、体力不足で小回りがきけずやみくもに振っていたのが悪かったらしく、中に入っているぶっといワイヤーがねじ切れてしまいました。負荷をかけ過ぎたのが原因です。
何が悪いって、コンクリートに堆積した土にススキが大株をつくって繁茂しているのを、根こそぎ刈ってやろうと
スロットルを思いっきりあげて挑んだものの、根と土に阻まれ歯が止まってエンジンだけふいてしまうということを繰り返したわけです。
実はワイヤーをねじ切ったのはこれで2回目で、今まで使っていたのは取り換えた比較的新しいものだっただけに、特に残念。2万円近くしたので、もうこれは部品だけでなく新しく私にあったものを探そうと思い立っているわけです。
しかし、いかんせん自宅のPCが壊れているときては、これだけ通販が盛んと言ってもネットできないと全然ダメ~。
不便生活絶好調です。
そう考えるとここは第1級僻地ですが、車はあるし冷蔵庫はあるし草払機もパソコンもある、とくればなんてことないんですよ。
スーパーがなくたって食堂がなくたって映画館がなくたってトカラ馬たちはかわいいし、アカヒゲ・アカショウビンは綺麗な声で鳴くし、海は青いしね。

早くパソコン買いたいな。

トビウオの時期になっています。
私は夜に弱いのでまだ港に行っていませんが、連日大盛況のようですよ。
たけのこもまだ出てます。
(写真は今日はちょっと待っててください。
コミュニティセンターのパソコンを借りているのですが、メモリーカードを刺すところがない?
明日にでもUSBでアップします。)





  1. 2010/06/01(火) 19:19:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。