トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

・・・橋下さん(新大阪市長)かっこいい~。
「やりすぎだ」という意見もあるけれど、いままで政治がやりなさすぎだったのかもしれないよ。
記者会見での強い口調はやっぱりカリスマ性からなのでしょうか。

私とは全く縁のない地方自治体ですが、「政治の力」を見せてもらうのには
今後の政策が成功しても失敗しても興味深いです。

“閉塞感”が叫ばれて久しい日本の政治。
永田町が議員定数も減らせない、天下りもなくせない、無駄使いも継続中、
海外へ行楽チックな視察旅行も行きまくりならば
地方から日本を変えていくという荒業も真実味をおぼえてくるというものです。

あ~でも民主主義ってスバラシイけど
何かを決めるのには時間かかりますよねーーー。
年金もらえるのかな
医療保皆保険存続できるのかな


スポンサーサイト
  1. 2011/11/27(日) 21:49:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG9328.jpg
毎年載せているような気がしますが、
今年もこの花が咲く季節となりました。
ツワブキです。
島は今黄色の花であふれています。
スイートスプリングも採れはじめました。
今年は裏作だよと言いながらもみなさんけっこうな量を収穫しています。
中之島のかんきつ類は味がいいと評判なんですよ。

今日はファミリー劇場が行われました。
毎年いくつか候補が上がって、島民が見たいものを選択する趣向です。
マジック・歌謡・舞踊
今回は日本舞踊になりました。
大御所の踊り手さんから、小学生のかわいらしい踊り子さんも来て踊ってくれました。
文化に触れる(?)数少ないチャンスなのでしょうか。
CIMG9333.jpg


さて、文化といえば・・・
私は鹿児島に行ったとき時間があれば図書館に行きます。
調べものと、普段見れないおもしろげな本を探すためです。
ネットで検索すればタイトルやざっくりした内容なんかはわかるのでしょうが、
手に取るのとはやはり雲泥の差。
また買うまでもない本を買ってしまうのもしゃくなのです。赤貧。
で、図書館でおもしろい本を見つけましたよ、馬の本で。
CIMG9334.jpg
いよいよここまで来ましたか。
田舎暮らしブームが浸透し、一般化し、それぞれの専門分野に入っていったのか、
イヤイヤそれとも、そもそもこんな本が出せるほどの需要が存在していたのか。
在来馬も載っています。
トカラ馬のコーナーでは宝島が紹介されていました。
それそれの種類が購入できるかの記載もあり、トカラ馬は「譲渡不可」となっていました。

さて、図書館にも種類があり、鹿児島中心地(中央駅)からの行動範囲内では
「鹿児島県立図書館」と「鹿児島市立図書館」があります。
それぞれちょっと違い、県立図書館は県民(あるいは県内に通勤通学している人)なら
貸出カードが作れます。なので島人でもOKです。
ただ、月曜日が休館日。これが使い勝手が悪い。
その点市立図書館は月曜日も開館してくれるのでうれしい。雑誌も多いし、利用者も多いです。
ただ、貸出カードは私は作れません。残念。
上の2冊は県立で借りてきました。返却はまた行くことができないので郵送します。
司書がいるような図書館のある島ではオンラインで検索して取り寄せができ、その場での
返却も可能だそうです。
奄美大島なんかは立派な県立図書館の分館がオープンしたばかりでうらやましかぎり。
十島村は学校の図書室とコミュニティーセンター内に小さな図書スペースがありますが、
県図書館の蔵書検索サービスなどはありません。
役場の取り組みで、数か月ごとに何冊か書籍が各島をまわってきて、島民は自由に借りることができますが、
私個人の意見では借りたい本はありません。
個人啓発モノや時代小説は趣味じゃないのです。
以前は恋愛小説の女流作家のものが続いたことがあり、書籍購入の担当者の趣味に
そうとう影響されるのではないかと思ってます。





  1. 2011/11/26(土) 20:03:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG0022.jpg

おととい実家の飼い犬が亡くなりました。
名前は東風(こち)といいます。
「東風吹かば、匂ひをこせよ梅の花、主なしとて春なわすれそ」

もう年老いていましたが、最期はガンが全身に転移していて水を飲むのも辛そうだったそうです。
でも暖かい家の中、大好きな母親のそばで息を引き取れたことは彼にとっては幸いだったかもしれません。
そして、きっと手厚く介護してきた家族(私の父母)に感謝していると思います。
もう荼毘に付され、お骨になったそうです。四九日までは手元に置くそうです。

彼は保健所でもらってきた犬です。
捨てられていたところを保護され、区の譲渡会に回ってきた子でした。
譲渡会は犬は無料ですが、ただでもらえるというわけではありません。
本当に飼えるのか、大切に最後まで面倒み切れるのか、講習会と飼い方のレクチャーがあります。
そのため希望者は保健所に2~3回通わなくてはなりません。

でも我が家ではペットショップで犬を買うという発想はありませんでした。
日本国内で年間そうとうな頭数が処分されていることを知っていましたし、
血統書付でなくても、愛情あふれる動物であることに変わりはないと知っていましたから。

東風はおとなしい子でした。
毛色が変わっていて、トラのような模様がありました。
保健所では忠犬ハチ公で有名な秋田犬にこの手の模様があると教えてもらいましたが、
引き取って飼ってみたところ秋田犬のようには大きくなりませんでした。
あるとき雑誌で「琉球犬」の特集があり、その中に「とぅらー(トラ毛)」という
模様がありました。
犬の形も大きさもそっくりで、びっくりしたことを覚えています。
まあ結局はどこ出身の子かはわからないのですが。

亡くなった魂は生きている人の中でもう一度生きるのです。
それは人も馬も犬も同じ。
ただただ、ありがとうと言いたいのです。
東風にも
父母にも


  1. 2011/11/26(土) 19:33:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG9285.jpg
もちろんなゆたに会ってきました。
前回が9月末だったので、一目で違っている所はありませんでしたが、
世話をしてくださっている4回生の学生さんにお会いすることができ、
少しだけ世話の様子を見させてもらえました。
なゆの状態は、わずかな感染が見られるものの全体的にはいい方向に向かっているのではないかとのことです。
焦らず一喜一憂せず年末くらいまで様子を見ましょうとのことです。

今回外に出す様子を見ましたが、驚くほどハイスピードで引かれていきました。
校舎の間にある空き地(もともとはドックランだったそうです)に放牧してもらえました。
おいしそうな草はなかったけれど、本人の様子を見ればうれしそうなのがわかります。
やはり人間と同じで、日光に当たることは体内のビタミン生成を活発にしてくれるみたいです。
なゆはニンジンやリンゴをあまりおいしそうに食べなのだそうです。
クズの葉やススキが好きですよと教えて差し上げるとさっそくやってみますとおっしゃっていましたが、
後から聞くともう市内では枯れてしまっているんだとがっかりなさっていました。
鹿児島市にクズの葉があふれるころにはもう島に帰れているといいですねと言ってもらいました。ほんとほんと。
CIMG9314.jpg
CIMG9318.jpg
あまえんぼさん。

CIMG9306.jpg


  1. 2011/11/22(火) 20:29:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さて、ホテル暮らしとは名ばかりで、優雅の一文字もなく、重い荷物を抱えて転々と。
でもまあ久しぶりに都会で何でもしていい時間だったので展覧会を見たり図書館に行ったり博物館で
鹿児島の歴史に触れたりしてまいりましたよ。
土日に重なったので町には親子づれが多かったですが、目についたのがイクメンパパ。
けっこう多かったですよ。ショッピングモールでお父さんと小さいお子さんが買い物や食事をしていました。

CIMG9320.jpg
町に出て楽しみなのは新商品を見つけること。
お菓子やら飲み物やら。
今回初挑戦はヘルシアの生姜味。
カテキンの苦みがきつくてあまりおいしいものではありませんでした~。残念。

CIMG9230.jpg
町はクリスマスでした。

何を隠そう、
田の神(たのかんさぁ)LOVEな私。
前回9月末上鹿時は東串良町のたのかんさぁに会えたのですが、
今回は黎明館で会えました~。
むっちゃ可愛い好みの田の神がいました。
写真NGだったので残念です。

田の神って何?と思われた方。
田んぼの見える小高い所に祀られるお地蔵様のような神様です。
しゃもじとすりこぎ(あるいは飯椀)を持ち、お顔はほっこりとした印象のものが多いです。
鹿児島各地に様々なタイプがあるのですが、それぞれ歴史と味がありおもしろいです。
私は移動可能式の小さめの座って笑っているタイプが大好き。
ちなみにこれは志布志に向かう高速道路のパーキングエリア
交通安全をモチーフにして洒落で作られた田の神ですね。でもかわいい。

CIMG9235.jpg




  1. 2011/11/22(火) 20:14:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どわぁぁぁ~、やっと帰ってまいりました・・・。
えっ出かけてたのかって?
ハイ。私、島のリサイクルごみの担当でして、役場が企画した先進地視察研修に
参加してまいりました。
・・ところがところが、2泊3日で帰れるはずがフェリーの欠航で5泊6日に。
やっとこさ本日の朝帰宅し、そのまま仕事に流れ込んでいたわけです。

16日の水曜日に上って木金と視察、18日出しの便で戻るはずでした。
しかしあえなく欠航、21日月曜日便で戻ってまいりました。
研修参加者は全島合わせて16人+役場職員2名の総勢18名。
バスを貸し切って、視察地は志布志市。
志布志市は焼却炉がなく、今まで何でもかんでも埋め立てていたそうです。
しかし現在は分別を徹底し、リサイクルを進め、埋め立てる量は断然減ったそうです。
生ごみも肥料化、廃油も燃料化、もちろんプラスチック、ビン、缶、紙などはリサイクルで
引き取ってもらいます。
中之島は焼却炉がありますが、小さくて現在の法律では再建できない規模です。
もし今の焼却炉が壊れれば、次はもっとコストのかかる設備を考えなくてはならず、
役場負担はそうとうです。何とかごみを減らして、負担を軽くしたいと思っているのだと思います。
CIMG9238.jpg
↑志布志市市役所会議室。
今までの取り組みをスライドで見せてもらいました。
CIMG9247.jpg
↑リサイクル処理場。ここでさらに分別され、まとめられてまた各種リサイクルの専門業者に引き取られます。
CIMG9244.jpg
↑廃油(てんぷら油)を燃料にする機械。
中之島でも各家庭ではよく油を使いますし、宿なんかはそうとうな廃油が出ます。
十島村でもやったらいいんじゃないかと思うリサイクルです。
コストもいいそうで、煙もなく、もともと植物油なので二酸化炭素の問題もクリアできる
いい燃料だとか。ただ1点注意は、中のアルコール成分が給油した車の送油ホース(管)を
溶かしてしまうのだそうです。だから乗車の時には入念な事前チェックが必要なのだと
説明していただきました。

現在村では月に1回収集日を設けて、各島でみんなで持ち寄った分別リサイクルごみをコンテナに積み込み
鹿児島のリサイクル業者さんに持ち込んでいます。
中之島はこども会も毎回参加してくれるおかげでにぎやかにやっています。
たまに洗浄されていない容器などが持ち込まれると、だれかれ近くの水場で洗ってくれたりします。
もちろん本来のリサイクル委員の役目は不適切な分別などがあればやり直しを命じる立場なのですが、
お年寄りの多いこの島で、慣れないうちはとこちらで処理してしまうことが多くあります。
でも何とか参加してくれる人たちでこなしています。
これからももっとごみのない島になればいいなと思います。

さて、次回のリサイクル日は26日。
本当は19日だったのですが、欠航で中止に。
子供たち先生たちも参加しやすい土曜日がいつも回収日です。
ところが今度の土曜日は~
歯科の巡回検診
十島村ファミリー劇場(舞踊)
ワクチン接種
高齢者機能訓練
それにリサイクル
あっと、生協も
盛りだくさんで、お母さんたちあたふたするんじゃないかな・・・。
重なるときは重なっちゃうんですよね。


  1. 2011/11/22(火) 19:50:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3日間雨が降り続き、島はびちょびちょです。
昨日の午後から小康状態。厚い雲がかかったままで、朝焼け夕焼け見てないな~。
気温は20℃弱あったのですが、さすがに3日間も濡れ続ければ寒いもので、
さすがの馬たちも震えがきていました。
特にみりんのいる柵は風当たりが強いのです。
さらにその風がおとといは台風のような暴風で・・・。
今日は穏やかだったので、ホっと一息。
↓がんばったみりんに拍手!
CIMG9226.jpg
木の陰で避難していた間じっとしていたので、雨が上がったとたんにむしゃむしゃと
元気よく草を食べ始めていました。


  1. 2011/11/12(土) 18:37:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG9195.jpg

大学時代のお友達から、作った新米を頂きました。
・・・誕生日プレゼントに・・・。
さすが。
食うもの(それも主食!)チョイスは私のこと(胃袋)をよく知っていなさる。(*^-^*)
紫芋もいただきましたよ。てんぷらにしましたよ。
ありがたやありがたや。

十島村で水稲をしている地域はごくごく限られています。
平島が有名です。
中之島も戦時中の食料難などある期間作られていましたが、いまはそれも
水芋畑やその他畑や荒れ地やらに変わっていて作付はありません。
水が豊かなので作ろうと思えば作れるのでしょうが、その労力を考えたら買った方が安い
という時代になりました。
野鳥が多いから稲穂はついばまれるし、風が強いから倒伏の心配をしなくちゃいけないし、
資材は高いし送料はかかるし、第一体力が。
便利になったフェリーでよそから買ってきた方が安くていいものが食べられるのです。
その問題が今、日本国全体で起きようとしています。
TPP。
話題になっていますが、安くておいしいジャポニカマイが海外から輸入されるようになれば
消費者(外食産業を含む)は選択肢がだいぶ広がりますよね。
安全を優先したい・日本の農業を守りたいと言って国産を求める人がいったいどのくらいいるのか。

この問題は輸出・入品だけでなく、人材やサービスの観点でも開国をはかられるみたいで、
国の形がすっかり変わってしまう可能性もあるわけです。
この国をどうしたいのか、どうしてゆくべきなのか・・・
結局はなるようになるのが人間の世界の常かなー。
いくら歴史を勉強しても、繰り返すものは繰り返しているし、新しいものに立ち向かってゆく心構えは
結局その時を生きる人の心次第。





  1. 2011/11/08(火) 19:54:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG9213.jpg

今日、スイートスプリングの苗を植えました。
前回植えた苗は2年間たったのに全然育たず、哀れ寒風の中枯れてしましました。
今回こそは!と馬糞肥やしたっぷりの畑を1か月前から準備しました。
大きく育て~。

バナナはいい感じですよ。(^-^)

CIMG9215.jpg


  1. 2011/11/08(火) 19:32:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中之島、今すごいですよ。
○新しい港湾工事が決まりました。堤防の沖にもう一つ波よけの堤防を建設するそうです。
でっかい作業船が来ていました。
○高尾地域の水源地までの道を舗装するのに、土建屋さんが入り始めました。
○九州電力では水力発電の水を落とすでっかい水送管を総とっかえする工事に入りました。
○本通りのがけ崩れ多発箇所を補強する工事に入るのか、測量士さんが測量しています。
○高尾地区では農業生産組合立ち上げのために重機でどんどん新たな開拓地を広げています。
○そのほかNTTの配線の人が来たり、浄化槽の点検の行政の人が来たり、果樹の指導員さんが来たり、、、、
大型の車が走って、やんや作業服の人たちがおります。すごいですね~重なってますね~。

CIMG9217.jpg
おととい、今日とロキ脱柵。
脱柵といっても、公道に出るのではなくお隣の独身寮柵に入り込む。
何が楽しんだか~。
呼ぶとすぐに元のところに戻りたがるので、だったら出なきゃいいじゃないと
言いたいところですが、やっぱり気になるものなのでしょう。
独身寮の4オスたちはいたって淡泊なのにね。
逆にロキの群れでは3歳になるあすまが張り切っちゃって、お父さん帰ってこなくていいよ
僕がここを守るよと言いたいばかりに、柵ごしのお父さんとふんふん言い合っていました。
結局お父さんが群れに戻されると、なんだ~帰ってきちゃったのお・・・と残念顔。
そうか、もうそんなお年頃になってきたんだね、あすま。
かわいいやつ。
↓がっかりしているあすま

CIMG9222.jpg


  1. 2011/11/08(火) 19:28:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG9196.jpg
今日は十島村本土復帰60周年記念の式典が鹿児島市のどこかのホテルのホールを借りて
行われました。島からは島民150人が参加。600人の人口のうち150人って!すごいですね。
中之島は33人だったか34人だったか、これでも参加者人数が各島で最も少なかったそうで、
宝島は人口の半分以上の5~60人も参加があったという話を聞きました。
今回は前述のとおり鹿児島最大級のお祭り「おはら祭り」に十島村連として参加するのがセットであり、
どちらかというとそちらを本番に考えていた人も多かったかもしれません。
午前中踊ったそうで、TV中継に写っていたそうです。
式典は午後3時からで、村長や村議長、知事(代読)、国会議員(代読)など多くの人の祝辞があり、
長い間村政に貢献した島民の方が表彰されたり医療の取り組みやブロードバンドの取り組みなどで
尽力された方に感謝状が授与されたりしていました。
写真はそんな模様をお留守番の島民(私含む)がコミュニティーセンターに集まってみている様子です。

一方私事ですが、今日は電話によるラジオ出演がありました。
名古屋地方で放送されている番組だそうで、5分間ほどパーソナリティの方とお話ししました。
“元気な人を紹介して元気をもらう”というのがコーナーの趣旨だそうで、お決まりの質問が
「あなたにとって元気のもとは?」というのでして、即答「馬が元気でいてくれることです」。
どうやらパーソナリティの方が岡部さんの番組に私が出させてもらった回をご覧になっていらっしゃった
らしく、それで興味を持たれたそうなのですが、話の内容は私が島に住むきっかけくらいで、
リスナーの方はどこの馬の骨ともわからない娘っ子(30ずいぶん過ぎダガ)が何を言っているんだと
「??」だったのではないでしょうか~ちと心配。
まあ、「トカラ」の存在が中部地方に流れただけでもOKでしょう~。

天気は良くないですよ
ほんとここのところ。
奄美大島は先日短時間に豪雨があったようで、診療所の裏山が崩れて土砂が建物の中に流れ込んでくる
事故がありました。幸いスタッフ入院患者は全員無事。
山が動く音がして、スタッフが声をかけあって避難した数秒後の事故だったそうです。
奄美大島は去年の秋と今年の9月ごろにも豪雨を経験しているので、住民の危機意識が
高かったのでしょう。
それにしても災害が続きますね。

↓御岳様雲の中
CIMG9197.jpg

無口頭絡・引き綱練習中 あきくん

CIMG9198.jpg




  1. 2011/11/03(木) 19:01:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は風が強い~。
トカラ馬牧場なんかびゅんびゅん吹きまくってます。


今日は校区文化祭でした。
13時~15時2部構成で、1部は学校の子どもたちによる発表や劇。
2部はPTAや先生方、有志の方々による歌や踊りです。
未就学児の「マルモリ」や、島で一人の中学生によるトランペット演奏・学習発表、
小学生は中之島の環境問題をテーマにした演劇を見せてくれました。
あと太鼓も↓

CIMG9186.jpg
CIMG9189.jpg

作品展も。
かごや習字、アクセサリーなども並びました。
私の出品作は馬たちの名簿でした。

CIMG9187.jpg
CIMG9193.jpg

中之島の学生さんは中学3年生が1名、小学生は全部で7名、未就学児は3名。
また来年になれば転入転出・卒業などで人数が変わります。
いつまでもにぎやかな学校でであってほしいものです。



  1. 2011/11/01(火) 19:31:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。