トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ところで、村の教育委員会がNPOを通じて
あなたの思い描く馬小屋ってどんなの?
ということを聞いてきました。
アレ?アレレ??やっとこさ?
どうなんでしょう、重い腰が動きかけているんでしょうか、
それともぬか喜びさせるフェイントでしょうか。
とにもかくにも
希望を言ってみました。
↓経済課が作った堆肥小屋
 これに激似の工法施設
 切り妻でたたきの方にも屋根をつけて
 広めの締洗場を設ける
 それで個室を開放したり閉じたりすることで
 追い込み馬房(馬たちが複数頭自由に出入りできる避難小屋)
 の役割を併せ持つ施設にする
CIMG0182.jpg
どうなるかはわかりませんが
どうやら教育委員会が興味を示しているのは
廃屋利用の方のようです。
ま、こちらも常々お願いしてきた物件なので
どっちでもいいです。

お願いします
CIMG0117.jpg
 

スポンサーサイト
  1. 2012/11/23(金) 18:36:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日夕方3時からKKBでCM大賞の授賞式の模様が放送されました。
応募全市町村のCM作品が流され、十島村は中ほどに登場しました。
制作に直接かかわった人が壇上にいないと、作品についてのディスカッションが
放送されないようで、当日役場の人が行ってくれていたらしいのですが、
十島村のコーナーはありませんでした(残念)。表彰式の様子もありませんでした(残念)。
審査員のコメントは、「各島を巡るマラソンなんかもあって、おもしろいところだ」
といったものでした。

でも、ほかの市町村の作品もどれもいいものばかりで、
壇上でも出演者や役場関係者によるふるさとPR等様々なアピールがあり、
よく私のが受賞できたな~とこれを見てヒヤッとしました。
年間30本の賞でもホントよかったよかった。

ところで、番組の最後でさらっとナレーションが
“皆様の作品は大事にお預かりし、来年から放送します”
・・・え~!来年なの~?
まだまだ流れないようです。

で、いま、次の作品の構想が頭に浮かんでイマス。。。
ちょっと面白タッチの。ウフ。
私が来年のコンクールまでにココ(島)にいることが出来たら
また作ってみたいと思います!

CIMG0723.jpg
ご協力いただいた皆様、ありがと~ございます!

  1. 2012/11/23(金) 18:15:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG0703.jpg
↑ツワブキの花が満開です。

鎖骨とあばらが居なくなりました。家出したのでしょうか。
もともとしっかり住んでいたわけではなく、あばらはぐっとお腹をひっこめたときに
うっすらといるなとわかるくらいでしたが。
肉布団に隠れてしまったのでしょう。チョコレートめ~

さて、朝起きてTVをつけたらオーストラリアで観測できた皆既日食を生放送していました。
残念ながら衛星中継の画像だったので、電話でリポーターがリポートしているタイミングと
画像がずれており、本当に今がダイヤモンド~皆既~ダイヤモンドという瞬間ではないように
感じました。
でもやっぱり中之島で体験した皆既日食のことを思い出しました。
雲の上ではあんなすばらしい光景があったのかと思うと、残念。それも今回あっという間に
皆既の瞬間が終わってしまっていましたが、トカラのそれはもっともっとお長かったんですもんね
(雲の下では飽きてしまうほどの暗闇でしたよ)。
私はその瞬間、牧場で馬たちと一緒に過ごしていました。みんな暗闇でじっとしていましたよ。
まあ、雨風強かったしね。

今日はそのあと犬の散歩に外を歩きました。まだ日の出前でしたが、それでもうっすらと
山影が判断できるのは、衛星中継で結ばなければいけないほど遠くの地域で上った太陽の光が
ここまで届いているかと思うと、自然の偉大さを何となく感じられる朝になりました。

前にネットサーフィンしていたら日本の豪華客船がバヌアツやニューカレドニアなど南太平洋の島々
を巡りながらオーストラリアまで日食観測ツアーをしているという記事を目にしていました。
最低価格が100万円からとか・・・おー。
でも日食観測を趣味にしている人も多いらしく、このツアー以外にも多くの人が赤道を越えたのでは
ないでしょうか。
CIMG0701.jpg
今日は宝から上る便が延期になりました。
低気圧が通過しているようで、波が高くなったためです。
今日明日は冷え込むとニュースではしきりに言っています。
馬たちは寒くたって冬毛でへっちゃらですが、
北風+雨はやっぱり嫌です。特に長く雨が降ればぶるぶる震えてしまいます。
「健康1番愛嬌2番」といつも言っています。
みんなが健やかに長生きできることが私の願いです。
↓今日は問題なし(^-^)ヨシ!

CIMG0707.jpg


  1. 2012/11/14(水) 18:39:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐ろしいほど早く日が暮れてゆきます
こまったこまった。

前回書いたことはウソでした
11月はイルミネーションや年末の支度でただの準備日のようだと言いましたが、
ちがうちがう、みんなそれを楽しんで過ごしているんですもんね。
何で一面でしか見てなかったなーと思ったかというと、
アメリカの大統領選挙です。
オバマさんが再選したけれど、それはただ再選ではない。
長い長い選挙戦の間、両候補者ともに国民の目にさらされ続けて、良いところ悪いところ
全部見せた。
そのうえで本当に支持してほしい層の人々が、じゃあ実際に今何を欲しているのかということを勉強し、
ちゃんと認識する。
大統領を決めるまでの時間は国民が自分たちの国のリーダーを育てる期間だったそうです。

なるほど、都知事選の後出しじゃんけんとは根本的に発想が違う。

大統領選、最初はメディアのあまりの取り上げ方に何を一体騒いでいるんだろうと思っていました。
重要な同盟国とはいえ、他の国の話、私たち日本人に選挙権はありません。
結果さえわかればいい。どの州は何だとか選挙人がどうだとかまるでショーみたいに伝えて、
いやだなと思っていました。
でも候補者が洗練されていく過程を(完璧と言っているのではありませんよ)
見ることは、一般の人にも何らかのメッセージになっているのかもしれないなと思いました。
…、でもま、自国のことではないのでそこどまりですが。

今島は秋の渡りの季節。鳥たちがいっぱいです。
今朝はトラツグミを見ました。残念ながら死んだ状態で。
いっぱいいっぱい飛んで、ちょっと疲れていたのかもしれません。
死因は分かりませんが、他の生き物が係わった跡がありました。
常日頃双眼鏡を持って歩いているわけではないので、鳥がいたとしても
見てないことの方が多いので、今回こんな形でもトラツグミに会えたので
私としては良かったでした。

仲良し
「あいく」と「かい」
かわいいさかり

CIMG0683.jpgCIMG0685.jpg

CIMG0692.jpg



  1. 2012/11/09(金) 18:44:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG0671.jpg


夕方、蚊に刺されました。
思わずはたいたら、つぶれた蚊から赤い(私の)血が滲みました。
吸血する蚊は妊娠したメスだと言います。
オスはそれほど栄養が必要ないから血は吸わなくても生きてゆけるそうです。
今から妊娠って、晩秋ですけど。
今からボウフラが育つと思ってのことでしょうか?
ボウフラって越冬するのでしょうか?霜降りるのに。

~なので飼い犬にはまだフィラリア予防が必要です。

11月になりました。
11月になったとたんに話題がお正月、クリスマス。
イルミネーションが点灯したとか、おせちの予約がはじまったとか。
何だか11月は来るイベントの準備日・通過する月のような感じですね。
まあ、鹿児島市内では市内最大のお祭りが先日行われたようですが、
私は県外出身で全くなじみがないので、盛り上がりが良くわかりません。

高校は大学進学のための予備みたいなものだという台詞を11月のことで
思い出しました。
今を生きるってどういう意味だろう。
CMでは松本幸四郎が「今の積み重ねが未来なんですねえ~」と
語っていますが、そうでも言わないと日本人は未来に向きすぎなのでしょうか?
将来が何だか不安で不安でと。

1日はみんな24時間
心臓は永遠に動きはしない
そのことを前提にするのが
今を生きる?
CIMG0668.jpg
中之島ではそろそろミカンの季節です。
スイートスプリング
はやか
温州
小みかんなどが味わえます。






  1. 2012/11/06(火) 18:48:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なゆた

なゆたは今も病院でがんばっています。

先日、入院以来ずっとはめていたギプスをとりました。
骨はまだ完全につながってはいないのですが、
どうしても外部の傷が治らずに、先生も本当に考えてくださって
治療方針を決めてくださっています。
ギプスが外れて、なゆた自身も足を使うようになってきているそうです。
成長期における長期治療の弊害で体のバランスが崩れてきてしまっていると
前にお伝えしていますが、不具合の出ている脚の蹄の方も治療が始まりました。

そして先月30日、検査がありました。
外部にできている傷の治癒は内部に埋め込まれているプレートが原因で
治りにくくなっているということでしたが、
ギプスを外したことで傷周辺の組織もきれいになってきており、
皮膚移植も検討してくださっているそうです。

本当に感謝
感謝です。

ありがたいなあ

そして
えらいな、なゆ。






  1. 2012/11/01(木) 11:44:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。