トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

P1000405.jpg
まだ連絡はありません。
待つ身はツライなあ。
未来のことが想像できないから。
明日から3月なんでね、
先々のことを考えたい時期ですよね。

若手批評家の宇野さんという人が言う、
若者世代がワクワクを感じることができる未来が必要。
人口比率では大勢を占め、今この国を動かしている中年期から高齢期に
さしかかるような世代の方々が今求めているのは
安定と「回顧」、三丁目の夕日。
でも、それでは未来が進まない。
若い世代は頼りなく見えるからかな?
若い世代にはまだまだ道を譲りたくないのかな。

でも、TPPの交渉は始まりそうですね。
これで今まで一向に進まなかったいろんな分野の構造改革が
行われるかもしれないと言いますね。
21世紀の黒船。
開国後どんな風に私たちは巻き込まれていくのでしょうか。
 
黒船も条約も来ちゃったものはしょうがない、
いい方向に持っていくという努力あるのみ!でしょう。

ヒトとモノの出入りが活発化すると聞きますから、
ワーホリの切れた年齢でも、環太平洋の国々で働きやすくなったりしないかなあ。


スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 18:13:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

代船「みしま」は18日月曜日出港が悪天候で翌日に延期になり、
20日島に来て21日上ってゆきました。
次便もみしまで25日月曜出港予定です。
CIMG1069.jpg

今日はなんだか周囲の景色が曇っている感じ?
晴れているのに。何かの気象現象でしょうか、
それとも早々黄砂でしょうか、
それとも今話題のPM2.5でしょうか?
CIMG1074.jpg

PM2.5ってそうとう小さいらしく、
花粉防止のマスクでも通過してしまうとか。
体内に入れば血液中まで侵入する厄介なものらしいです。

そんなこと言ったら、馬たちなんか
PM2.5入りの水、
PM2.5がかかった草を日常口にするわけですから、
ああ、不憫だ・・・
と、言ってるそばからローリングでゴロンゴロン、がばがば土埃を上げている…
ウン、そうね、どうでもいいね。
CIMG1073.jpg


深夜、目が覚めたついでにTVをつけてみると討論番組。
途中からでしたが、どうやらお題は日本の教育問題でした。
体罰は「教育的指導」と「暴力」とはっきり分けて議論すべき とか、
リベラルは「左翼」と訳すべきではない、別物である とか、
学校だけで解決するには今の問題は複雑すぎるので
地域ともっとつながり「斜め」の関係を生徒たちに与えるべきだ とかとか。

まあ、あまりしゃべらないパネラーもいて、どっちかっていうと議論的には
盛り上がりに欠ける回でした。

ただ、うん納得と思ったのが、日本人は「議論慣れしていない」という発言でした。
話は国旗掲揚君が代斉唱のくだりで、君が代斉唱のどこに抵抗を感じるのかというところからでした。

それは、第2次世界大戦の総括ができていないからだというのが意見でした。
それにはパネラー皆が納得で、つまり日本は戦後今まで何にも“議論”せず“総括”
できてこなかったというのです。
戦争
ゆとり教育
原発
沖縄問題もそうかもしれません。

議論がなければ本当の民主主義は成り立たないのです。
それではなぜ日本人は議論ができないのか

それは小さいころ、小学校・中学校から「討論する」という場を与えられてこなかった、
討論するという力を身につけられなかったからだといいます。
大学に入って初めてそんな場を持つ機会があるようですが、それでは遅いのではないかというのです。

小学校ではまず何を教えられるか
「みんな仲良く元気よく」
でも、ここから出発することがそもそも違うと言います。
だって全員が仲良くすることなんて、本当は不可能なんですから。
社会だって、そもそも先生や親同士だってできないことをなせ子供に押し付けるのか。
いじめは起きるはずがないは、いじめは起こって当たり前という発想の転換から始めないと。
つまりは、人が集まれば負のリスクもあるのだよということを前提に
「言葉は人を傷つける」「人にはそれぞれ違いがある」
ということを認識した上での“討論”であればそれは
相手の人格否定を結論とするものではなく、また議論を重ねても傷つかないことができるのです。
傷つくという事が体罰であると語られた瞬間萎縮してしまう学校に今このことが足りていないのだと言います。

インターネットの世界でおなじみの中傷合戦では意味がありません。
相手の人格否定や言葉の揚げ足取りでは意味がありません。

「和をもって尊しとなす」という日本人の美徳は
21世紀では
和のためには自分自身を殺せということではなく、
やってみて、総括を経て、争った者たちがお互いに
良かったところ・悪かったところを引き継いでいくコミュニケーション能力
を尊いものとせよということになるのかもしれません。

こんなことを想った今日の深夜でした。
正しい討論は楽しいですもんね。
同じ意見を聞いて心強くなることも、
違う意見が聞けてむかむかして、どう言い負かしてやろうかと思案することも、
そういう考えがあったのか!と新たな発見をすることも。

さて、私の進路ですが
来週頭には内定かどうか結果が出るそうです。

父に今の生き方を全否定されています。
心配してもらっている証拠ですが。
父に心配をしてもらわなくてもいい日は
まあたぶん来ないのでしょうが、
少しでも心配を減らせるようになりたいものです~。


  1. 2013/02/23(土) 18:34:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いま、フェリーとしまはドックに入っています。

金曜日出しはなく、月曜日に代船みしまが来る予定です。

静かな、穏やかな週末です。

ウグイスが鳴いています。

春が来ようとしています。



CIMG1061.jpg
CIMG1067.jpg
CIMG1065.jpg





  1. 2013/02/16(土) 18:01:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然が作り出す芸術は数多くありますが、
こんなのはどう?
CIMG1055.jpg
なんか図柄に起こしたら、ヨーロッパの中世の、高貴な布の模様のよう~
(光の加減で、実際もっときれいなんですよ)

正体は
CIMG1056.jpg
坊でした~
冬毛が雨に濡れてくるっくる

宝塚風に
ああ、まるで中世のヨーロッパの騎士が細かな彫刻のほどこされた銀の甲冑を身にまとっているようでしょう。
(背景にバラをとばして)(天使もついでに飛ばして)(あと瞳をキャンディキャンディにして)(古っ!)うふふ~ぅぅぅ~

ぺっぺっ、なにいってやんでぇ~。
こっちとらトカラっこよぅ~っ
しゃらくせえ

今日は本降りの雨でした。
牧場も馬たちもぐっちょぐちょ。




  1. 2013/02/12(火) 18:54:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひょ~さむっ
気温は7~8度といったところでしょうか。
北海道・東北の方々、こんなんで寒がってすみません。
でも寒い~。

昨日今日とちょっと波が高くなって、水曜出しのフェリーは木曜日
宝折り返しで上ってゆきました。
今日出しは普通に運行してくれるみたいです。
飼料がのってくる便なのでホッ。

CIMG1042.jpg
そろそろツワブキの季節になってきました。
島の人も摘んで、小売りに出したり、鹿児島のご家族に
送ったりし始めています。
春の味覚なので、早ければ早いほど価値があるみたいです。

CIMG1040.jpg
あずきはかかとに体重をかけられるようになっています。
やっぱり痛めたところをまた痛めての動作だったようです。
他に異常はなく、見守ります。

寒さの中、元気なのはこの二人。
動画でとれって?
どうぞご覧下さい。
CIMG1021.jpg
CIMG1024.jpg
CIMG1028.jpg
CIMG1030.jpg
CIMG1033.jpg
CIMG1036.jpg
CIMG1039.jpg
CIMG1032.jpg

あっ、これ、
毎日ですよ。


  1. 2013/02/08(金) 18:59:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼間、防災無線(島内放送)からウ~と警報音、
「津波注意報が発令されました」と自動録音放送が再生されているようでした。
TVをつけると津波注意報が日本の太平洋側に広く出ていました。
警報じゃないから避難の必要はないが、海岸・河口に近づくなということでした。
その後役場からの注意喚起の放送、携帯に十島村からと鹿児島県からエリアメールで
2通注意報の知らせが入っていました。

CIMG1020.jpg
あっガラパゴスってばれた

震源はソロモン諸島。
バヌアツが行ってみたい国の一つだったので、あまりの近さにぞっとしました。
夕方のニュースでは震源から近い島では1mの津波が確認されて
海沿いの家屋が流されて行方不明者も出ているようです。

余震などもあるかもしれません。
現地の皆さんの無事を祈ります。

CIMG1019.jpg

しばらく良い状態で、あとは腫れが引くのを待っている状態だったあずきですが、
昨日の午後から今朝にかけての観察で何だかまた痛みがあるような感じになってしまいました。
うまく患部の足に体重を乗せられない様子です。
急ぐときには3本の足で走ります。
驚いてしまって、残念で、もう息ができない。。。
馬の健康不健康で私のメンタルはえらい高低差です。きつい。
村の獣医師に消炎剤と抗生物質を処方してもらえるようお願いしました。
どうしたものか、北海道の馬専門獣医師に電話して伺いました。
本当に腫れている飛節が痛みの原因なのか?他にないか調べるように指示を受けました。
蹄・球節・飛節・腿のあたり、どこもこれといった痛がり方を示しません。
今ここで消炎剤(痛み止め)を投与した場合、一時的に痛みが引き、
無理な運動をして逆に患部を痛めてしまうこともあると注意を受けました。
患部が特定できなければ、治療はできないということです。
レントゲンが一番いいのですが、役場の獣医師は持っていないとのことでした。
鹿児島大学の軽種馬の医療センターにはあるそうですが、技師を呼ぶのに
一体いくら費用がかかることでしょう。日帰りできない土地柄、予定は組めるのでしょうか。
午後になって患部の足にやや体重をかけられるように見えたので、
またとりあえず経過観察を続けることにします。
そういえば、カンタでもありました。
捻挫のような症状を示し、びっこが長い間続きました。
再捻挫ということも考えられます。

本人は足以外はいたって普通です。
群れにちゃんとついてゆくし、いいボロ、食欲旺盛。



  1. 2013/02/06(水) 19:17:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は雨です。
びちょびちょです。

さて、こんなチラシが全戸に配られました。
CIMG1018.jpg

来年度からフェリーの入出港が1時間ほど前倒しになるのだそうです。
以前試験的にやってた「夏時間」と同じ感じですね。

これだと
中之島入港が朝の6時、
上り出航は11時15分だそうです。

南の島に行けばいくほど、初日の行動しやすい時間帯での滞在時間が長くなるので
1泊の旅行者にはいいかもしれないです。
帰り、朝の出発は早いけれど宝島なんかは12時間の船旅になるのですから、
眠る時間は十分過ぎるほどある。

鹿児島港入港も、夏なんかはまだ明かるいうちに着けちゃう。
島の人は島以外に鹿児島本土に住宅を構えていらっしゃる方もいて、
でも多くは中心を離れたところだから、これで帰りやすくなったかもしれません。
ただ、私など実家飛行機利用組はOUT
羽田最終便にはやっぱり間に合わない。
いづろから空港までリムジンバスで1時間ほどかかりますもんね。
調べてないですけど、九州新幹線は利用勝手が良くなるかも。
夜遅くなるとけっこう関西方面の新幹線は無くなって、福岡止まりの便になっているんですよね。
こんなことも考えての変更なのかな?

さてweb散策で、発見。
奄美大島の瀬戸内町にある福祉施設で、昨年末よりトカラ馬が飼育され始めたようです。
ホースセラピーが目的で、いい小屋が準備されているようでした~。
鹿児島大学の農場出身の子で、熊本県で牧場をしている調教師がトレーニングしたみたいです。
~たぶん私この子に会ったことあるなあ。
去年入来牧場に行ったときに会った子ではないかしら。
その時は鹿児島本土に受け入れ先があったと聞いていましたが、そこの話が無くなったので
どうやら奄美大島に行くことになったようです。
もう1頭は広島県だとか。
どうやら全乗振の方も加わった企画だったみたいですよ。
トカラ馬も与那国馬のように各地に羽ばたいてますね。


  1. 2013/02/05(火) 18:05:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひょー、滅入る話。
朝の情報番組で、中国の大気汚染問題が取り上げられていました。
レーダーで汚染物質の飛散状況が映し出され、
奄美地方がっつりと汚い空気の下でした。
こんな田舎だからと安心していてはだめなのでした。
日本でいう高度経済成長期の、工業地帯から近い周辺地域みたいなもんですね。
今日は西の方向からバンバン風が吹いてましたので、
知らず知らずのうちに吸ってるのかな~。
中国では暖房に石炭を用い、フィルターなどない自作の暖炉で使っているそうです。
今年は寒い日が多く、消費量も多いそうです。
また、車のガソリンなども日本に比べ粗悪な品質のものが多く、
街がスモックで視界がなくなるほどなのだそうです。
隣国は選べない…
偏西風とか地球の自転の方向とかも選べない…
CIMG1014.jpg
でもさ、
そう考えるとさ、
日本の生活はお金さえあれば種類豊富でいろいろ選べて、
それにすっかり慣れていると、選べないということに理不尽さを感じてしまったりするのかも。
もともと「自分」に生まれようって思って生まれたわけではないでしょうにね。
人間に生まれようって。日本人に生まれようって。
男、女に生まれようって。
宗教では選んで生まれてきたんだよっていうところもあるけど、
記憶がないから、それはそれでおいておいて、
地球がこうゆう形であることはしょうがないから、
やっぱりお隣とは何とか付き合っていかなくてはならないようです。







  1. 2013/02/04(月) 18:54:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIMG1001.jpg
菌をつけていた「ほた木」からシイタケが出てきました。
他の家の物はドバドバいっぺんに出てくるので、うちのもそうなるかなと
待っていましたが、どうやら菌の方で私が一人暮らしだということを知っているようで、
ちょびちょび食べやすいくらいのスピードで出てきてくれます。
なので、すみません、送るくらいはありません、おかあさん。。。
CIMG1003.jpg
赤ちゃん

CIMG1005.jpg
本日の戦利品
少し日光で乾かす。
出てくるシイタケの厚みでほた木の古さがわかるそうです。
ふるいほた木から生えるのは薄いのが多いのだそう。
私のはぴちぴちよ

今日もありがたいことに、ぽかぽか陽気でした
カワイイかんた。
もお~砂糖醤油で食べちゃうから
CIMG1007.jpg

ムク
じゃあ俺はわさび醤油かな(ペロ)
・・・通でいらっしゃる。
CIMG1010.jpg

私の身の上話
きょう正式に受け入れ団体が決まりました。
といってもまだまだ段階があるので、来年度の身のふり方は未定。
じゃあ何が決まったかというと、
村の方針では施設管理者は委託事業内での方向を続けるということで
受託者は「団体」に限るとのことです。
(いま、村のホームページを見ると募集要項が掲載されていますよ)
このままでは私個人には仕事をいただけないのですが、
私をその仕事で使ってやると言う団体があり、今日お話が済んだところです。
最終的にはその団体さんが受けるか、今まで通りNPOトカラインターフェイスが受託するのかは
今月末の村議会承認で最終決定です。


  1. 2013/02/03(日) 19:13:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さて、前回の公共事業の話の続きじゃないですが、
いま「中之島ふるさとづくり委員会」に出席してきました。
委員は島民全員というオープンな会です。
そこで出たのが新しい国の補助事業。
ちょっと前に話が担当者に下りてきたようです。
村全体で5千万円、各島700万円ずつ分配されて、
ネーミングは
「過疎集落等自立再生緊急対策事業」です。
委員長と役場でおおよその使い道の外郭の説明があり、
集落の危険木の撤去作業とか、住民の健康増進のための器具購入などの案があるようです。
今日の参加者からは、ごみステーションの整備増設の要望が出ました。
全額国のお金ということで、申請が通ればまた話を詰めましょうということでした。

今日は全国的にも暖かかったでしょうか?
島は20度を超えました。
ぽかぽか陽気の中
「驚きの写真」
CIMG0998.jpg
↑ねえ、コレきくらげだよねえ、、
数年前に拾ってきた流木
怖くて食べられないけど。

「キモチワルイ写真」
CIMG0996.jpg
↑爪はがれそう。
痛くもなんともない。
数か月前に何かで打ったんですよね、
全く記憶にないが。
で、その後でっかい血豆が出現。
放っておいたらこんな感じです。
何ともないのですが、いちいち何かに引っかかる。
めんどくさい。
CIMG0994.jpg
朝方は波が高く、フェリーとしまも2~30分遅れの入港となりました。
明日はべたなぎだと思います。たぶん。

CIMG1000.jpg
トカラ馬界の星いってつ(←飛雄馬の父。だよね?)
ちゃぶ台返しのブラック。
返してヘイキューブをこぼした後もきれいに食べるから、
食べ物を粗末にするいってつよりはイイ子だ。
どうも食べてるうちにヘイキューブが餌桶の隅っこに寄ってしまうのが
気に入らないらしく、鼻先で大胆に餌桶を揺らす、それが大胆すぎて
味噌汁がこぼれるようにヘイキューブが地面に散るノダ。
ブラックって「男子!!」って感じですよ。


  1. 2013/02/02(土) 20:52:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんかすごいよ~
今まであまりネットサーフィンなんてしなかったけど、
ゴボゴボ出てくるよ、スーパーブログ。。。

40歳になったばかりの独身女性が
日本の田舎で
馬2頭と犬1匹でビニールハウスで暮らしてる!
スゴイぞ。野生のシカをさばいたりしてる・・・。
とっても幸せそうだ。

世界一周組の体験の数々  ・・・ああウユニ塩湖、ガラパゴス、行ってみたい~
何だかここんところ多くの世界一周ブログ発掘しすぎて、急に海外旅行の事情に
詳しくなっちゃいましたよ。
まず、予防接種ね。
いっぱい種類あるのね。数か月前から予定を立てて打つのね。
破傷風や肝炎モノ、狂犬病。アフリカ大陸に入るときに黄熱病の予防接種をして
“イエローカード”をもらっておかないと渡航できないそうな。
出国のチケットを提示しないと入国できない国があるとか、一度出国したら
2か月は再入国できない国とか、ビザのとり方や、
旅先のお金は国際カードと、クレジットでキャッシング(もうトラベラーズチェック
の時代じゃないんですね…)が便利とか。
それもどこの銀行が使い勝手がいいとか、どこが手数料高いとか、時々ATMに吸い込まれちゃうから
複数持って行けだとか。
クレジットカードの海外旅行保険がお得、いや世界一周するなら盗難や病気で
元が取れるからちゃんと入ってけとか。
住民票は抜いていくとか、
持ち物(バックパック)もイロイロ工夫。
そして一番驚いたのは通信事情です!
一人旅でもサクサク仲間を見つけられてしまう。
世界中WiFiがいろんなところで結構使えるらしく、ブログの更新も、スカイプでの電話も、
旅券の予約も何でもできる!同行者もサポーターも募集できる。
もう、私が想像していた一人旅とは次元が違いました。
でもやっぱり、若い人が多い~。
ブログをやる人が若い人だからなんでしょうけど、
ぴちぴちの20代。あるいは30代前半。
私なんて、このブログの環境設定もうまくできないのに。
今カルチャーショックです。

でも、もし自分が旅したらのシュミレーションで浮かれてます。
そうとういい旅になります。
幻で終わりそうですがね。
世界一周とは日本を出発点に西回りと東回りがあるそうな。
でも私の行きたい国は太平洋に連なっている。
こうゆうのは世界一周と言わないで太平洋一周かなあ~。




  1. 2013/02/01(金) 23:49:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日今日と暖かかったです。
夕方日が暮れても18度あります。
春間近?
イヤイヤ、、まだまだですよね。

あずき、
腫れ 引いてきたかな?
CIMG0980.jpg
歩き方も良好。
良かったね
CIMG0983.jpg
祈ったかいがあった。
祈るしかできないもんね。

政権交代後、国の予算が決まりつつあり、
地方にも交付金の話が。
去年よりも多めにもらえるそうで、
県や市町村の人たちは喜んでいるようです。
鹿児島県は公共事業に頼る傾向が強い県なので
余計です。

島も小さいながら公共事業の数はけっこうあります。
今は前話した本通りの道路舗装、
高尾地区は側溝の整備、
重機で伐採、
ガードレールの設置、
これからも高尾水源地の整備、
海水プールの設置などなど。

CIMG0990.jpg


  1. 2013/02/01(金) 18:26:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。