トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1年は早いもので今日寅年の年賀状が販売開始になりました。
今年もあと2ヶ月ほどです。
でも昼間のこの暖かさ。島ではセミが鳴いています、島の人はタンクトップ(ノースリーブ)
で歩いています、私の制服もまだ半袖です。
冬毛の馬たちはさぞ暑いことでしょうが、それでも朝晩は冷えるのでしょうがないところ。


先日、うちの社長が交代しましたね。
社長といっても遠すぎてTVの中の存在ですが、私も一応超末端部位で雇用されている者です。
また郵政の仕組みが大きく方向転換するそうで・・・正社員でない私にとっては右往左往です。
それもそのはず、初めて島に来たときはまだ公社で、今とでは雇用形態がまったく違ってしまって
います。
現在は、やることは今までと同じ仕事なんだけれど、2つの会社をかけ持ちしているアルバイト
という立場です。
~でも仕事があることはありがたいこと、島がどんなにいい所でも人が来ないのは、ひとえに
現金収入を得られる仕事がないからです。

人間界の嫌なことは馬の首にぎゅっと抱きつくと溶け出ていってしまいます。
私にはトカラ馬がジャストサイズ。特に今は秋のうららかな陽ざしと草の匂いのなかでふかふかの
冬毛にうずもれるので気持ちいい~。
馬は大地の匂いがします。でも案外じっとしてくれないブラックに比べ、意外と大丈夫なのが坊、
将来優しいオス馬になるゾ。
1歳2歳の子馬たちはまだ首が細く、いまいちものたりない。一番良いのがブラックの血筋、
首がしっかりしていてベストです。
(スーパー役に立たない情報ですな)

CIMG5869.jpg

郵政社長の交代劇をスタジオで見ていたコメンテーターが
「人事は最大の意思表示」とコメントしたのに胸打たれました。
そうだよね。本当だ。
その役に誰を据えているかでその組織の意志が図れるものなのですね。
身につまされるコメントに感じました。

前にもブログの中で話した気がしますが、滋賀県のPRのコマーシャルで「琵琶湖は滋賀県がお預かりしています」というフレーズがとても印象に残っています。
私預けたつもりは無いのに、そう言われるとそんな雰囲気。
世代間倫理にも出てくることですが、私たちの暮らす環境は未来からの預かりもので、今の事由で好き勝手していいものではないという考えがあります。もちろん現代の人々の不自由と将来の子孫たちの自由を天秤にかければ難しい問題なのですが。
乗馬グラブや養老牧場でも馬はよそ様からの預かりものという仕組みになっているところが多くあります。
オーナーさんがいる馬をクラブで預かっているというのはもちろんですが、なかには飼育費の半分だけを負担するオーナー制度や、足長おじさんのように寄付をして特典がもらえるというものもあります。
ところがところが、わが中之島の馬たちは正真正銘県民からのお預かりもの、
THE「天然記念物」です。
大切にされるべく存在している子達なのです。
それなのに枠組みだけが突っ走っている状況。
よそ様からお預かりしているからには意思表示が必要です。大切に大切にお守りいたします、と。


CIMG5888.jpg
↑ロコたん、ウトウト。
幸せをくれるお顔だ。


CIMG5901.jpg
↑この時期はこの草の実がよく付きます。
私は草の実の戦略にまんまとはまり、せっせとたてがみからはずして播種しています。

CIMG5912.jpg
↑おしりかいてもらうのきもちいいの。
しゃっくのプリティヒップをご覧いただいたところで今日はさようなら~
スポンサーサイト


  1. 2009/10/29(木) 21:46:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/108-0d83849a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。