トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG6516.jpg

生命の誕生には不思議がつきものですが、男女の産み分けというのも人間界や家畜の分野では大きなテーマですよね。
一体その仕組みはどうなっているのでしょう。
わが高尾牧場のトカラ馬、ありがたいことに2007年から毎年2頭ずつの新たな命に恵まれています。
6頭のそのうちオスが2頭、メス4頭です。そして今回の赤ちゃんもメス、牧場にとっては願ってもない比率です。
誰かが見守っていてくれているのを感じます。
医学的に解明されているのは、受精卵の初期分裂段階ではオスメスの区別はなく、基本はメスだということ。
遺伝子が作用してくるのはその後だと言います。
馬飼育の現場の噂では受胎したときの母馬の環境が雌雄を分ける原因になるのではというのがあります。
餌が少ないとどっちかに偏るという。
種の繁栄のメカニズムって誰が作り出したんでしょうかね。

たぶん類人猿から人類が誕生するときだって一つの種が勝手にそうなったわけではなくて、食物連鎖の生物どうしのかかわり方や
環境要因が体内にある進化の核の部分を変化させていったからでしょう。
私たちは体は自分のものだと思っているけれど、実はぜんぜん思うとおりにコントロールできないものです。
それどころか勝手に動いている。鼓動も誕生も進化も。

CIMG6512.jpg
特産早だしびわ。
もう少々お待ちを~
今袋の中で熟成中。
スポンサーサイト


  1. 2010/02/10(水) 07:02:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

オーストラリアのタスマニアです。
たまに馬に乗ってる人が道路をかっぽかっぽしています。
時間見つけてトカラ馬用の、、、なんていうんですかね? 座席探してみます。
  1. 2010/02/10(水) 17:58:46 |
  2. URL |
  3. Miya #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/128-ceefb863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。