トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日付が25日にかわって間もなくのことでした。
外から馬の走る音、藪をこぎ土をける音と荒い鼻息が聞こえてきました。
幸いにも起きていた私は音のほうに駆け寄ると、カンタが小さなパニックを起こしていました。
牧区内を走り回り、簡易の電気牧柵などなぎ倒して出て行ってしまうのではないかと恐れたほどでした。
とても不安げで、うっすら汗か夜露で体は湿っていました。
真夜中にこんなふうになるなんて。
体調が悪いのかと不安になりましたが、走っている最中におならが聞こえたので、ボロ(糞)をするのを待つことに
しました。
精神的な問題でしょうか?きっと前にいた群れを思い出して不安になったのではないか、ホームシックにかかっているのではないか。
昼間は普通にしていたけれど、暗闇の中感情が爆発したのか?と思いました。
新しい環境に戸惑っている姿を見るのは切ない気持ちです。
とにかく、不安な気持ちを抑えられるようそばに付き、なだめ、なでました。カンタはすがるように私の後を付いて
きました。
1時間ほどするとボロも出て、おしっこもし、草も食み始めたのでどうやら落ち着いたものと思い、家に入りました。
心配なので外の音が聞こえるように少し寒いのを我慢して窓を開け、窓際のソファで寝ました。
その後は大丈夫でした。
CIMG6841.jpg
↑なでた後の手。まっくろ。
朝、トカラ馬たちの牧場に行くと、ロッキーが脱柵し、グレ・しゃっく・あき・坊の柵内に入り込んでいました。
ロッキーは暴れ者です。きっと4頭は怖い思いをしたのでしょう、グレ・しゃっく・坊はパドックの隅っこに固まって、
あきちゃんにいたっては一人ぽつんと牧場の隅に隠れていました。三男あきちゃんは長男ロッキー兄さんが大嫌いです。
私がロッキーを元の柵に戻した後も、けして動こうとはしませんでした。
幸いなことに全員怪我はありませんでした。
みんな食欲もあります。
原因はやはり老朽化・劣化した柵が破損したためです。
今回はジョイントを修理し念入りに消防ホースで固めておきました。
CIMG6842.jpg

・・・ここでふと、カンタのパニックの原因に思い至ったのです。
カンタの牧区とトカラ馬牧場までは1キロまではいきませんが離れています。
でももし、馬同士の何らかの異変を察知できる能力があるのだとしたら。
さらにそれは野生馬であったカンタにとって当然持ちうるものだったとしたら。
離れた別の牧場でパニックがあったことを察知したカンタが不安に陥った?
そんなふうにも考えました。

深夜の出来事は少しだけ私とカンタを結んでくれる出来事でした。
事故が無くて本当に良かったです。
でもまだ今夜あるいは今後もこんなパニックにならないか心配です。
経過をみるしかありません。
敏感な馬を飼って、けっこう鍛えられます~。
スポンサーサイト


  1. 2010/04/25(日) 20:35:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/141-d7056fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。