トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前回書いたカンタの様子、カンタの調教師さんいわく不安からくるものではないそうです。
たしかに、トカラ馬たちのいる牧場で馬たちが発する物音・声を聞いたカンタは「何?何が起こってるの?」
「自分も行ってみたい!」という参加希望を体で表現したのではないかということでした。
私がそばについていてじっと私から離れなかったのは、人が来たから外へのゲートを開けてもらおうと
思っていたからだそうです。
好奇心からの行動だったようで、とりこしでした、よかったです。
カンタを観察すれば家にいながらにしてトカラ馬の牧場の異変に気が付くことができるという便利なレーダー
を持ったような感じ?です。(そんなしょっちゅう起こされても困るが)
今、簡易の電気牧柵のほかに恒久柵を建設中。
4寸釘を打ったのですが、てが痛い~。まめだらけ。
CIMG6849.jpg
↑暴君?ロキくん。

先日、島興しの話し合いがコミュニティーセンターで行われました。
今回は第一回で、継続的に話し合っていくものだそうです。
村が呼びかけたものですが、基本的には住民の自主的取り組みを促し、村がそれをバックアップ
してゆくものになるそうです。話し合ったものが次年度以降の取り組みとして行われるそうです。
議題に出た主な内容としては、島に眠る資源・知られていない特産品を広く総合的に広告して
もっとアピールしてゆくこと。それに伴って注文が増加するのに対応できるよう外から人を
呼べる体制を作ること、ということでした。村はまずは何かを興すには人口を増やすのが先なのではないかという
意見でした。
これに対して住民側からは、人を増やすという課題はこれまで長い間検討されては実現できなかったことだ、
他の過疎地との人材誘致競争にいかにして勝つのか、非常に難しい。
それより現住民の所得が上がるような政策を打ち、あそこに島に行けば食べられるらしいという状況を作り出す
ほうが人を呼び込む正当な方法ではないか、とのことでした。

みなそれぞれ島を思う気持ちがあるところなので、次以降の議論がまた深まっていくのではないでしょうか。
その取っ掛かりとして何か島民全体が一体感・達成感を味わうことができるような簡単な取り組みをひとつ
立ち上げてみないかという提案が村側から出されました。そのための資金、20万円の用意があるそうです。
内容は追って検討することになりましたが、楽しいことが条件。
例として花をいっぱい植える・海岸清掃をかねて流木でキャンプファイヤーなどのイベントが話されました。
定住人口だけで無く交流人口も今後イベントに企画などで増やしてゆきたい考えです。
スポンサーサイト


  1. 2010/04/27(火) 06:06:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/142-70aa4755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。