トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴールデンウィークは3月4月とうって変わって連日の快晴。
久々にハレバレとした気持ちになりましたがそれもつかの間、いよいよ梅雨時期がやってきました。
気温湿度共に高く、島は蒸し風呂状態です。今日の未明は激しい雨と雷でした。

先日、NPOの担当者が鹿児島の十島村教育委員会をたずね、施設管理に対してのすり合わせを行った際、
トカラ馬保護事業に関しては「現状維持」という姿勢だったそうです。
私のほうからは馬一頭一頭を大切にできる取り組みを提示させていただいたのですが、課長さんいわく
「現場管理者(私)は馬をペット感覚で扱っているように感じている」とおっしゃられたのだそうです。
馬の血統を管理し近親交配を防ぐこと
馬の病気に対しての治療・予防をすすめること
そんな提案だったのですが・・・。
血の管理・医療は必要ない、でもまあ過去のこともあるので大量死の兆候があったら教えなさい、
そのときは教育委員会が動きましょうということだったそうです。
勝手に生まれて勝手に死んで…私としては狭い柵の中で囲っている以上、最低限の取り組みと思っての
意見だったのですが、届きませんでした。
今、日々馬と接して問題に思っていることは現在よりも今後の飼育のあり方です。
今皆健康で、生き生き暮らしています。草も生えそろい体格も充実しています。
しかし、内在しているリスクは大変大きいです。
ひとつは環境です。
以前土着菌に感染して亡くなった個体が示すとおり、寄生虫・ウイルスは日常的にいます。
しかしそれらは駆虫剤・予防接種で発病のリスクを減らすことができます。
またひとつは血縁と柵の数です。
今「ひな」はブラックと同じ柵にいます。しかし彼女はブラックと妹マリーの子です。
そんな近親関係に再び父親の血が加わればそんなリスクのある子が生まれるでしょう。
これは「ちゃこ」も同じです。
ひなとちゃこを別の柵に移して新たな群れとして繁殖させたくてもその柵がありません。
現在3つある柵ですが、餌となる草・地形・個体の気性などを考えるとガラガラポンできれいに
入れ替えられる状況ではありません。
さてここで、教育委員会は現状のままを望み、つまるところこれ以上の予算は出せませんと
おっしゃっているわけですが、NPOがお金を出して進めることならばそれに対して行政は干渉してくるのでしょうか?
しかし実際にはNPO自体もメインの事業として考えているのは文化的事業を立ち上げて観光客や移住者を多く
集めたいという事をなので、トカラ馬飼育の位置は組織の中ではとても低いです。
NPOの職員が真の現場管理者であり有償ボランティアである私はNPOの了解なしに事を進めてはいけないと釘を
刺されています。

飼育主体はいったい誰なのか?
電話で県の文化財を扱う部署に問い合わせてみたら、即答できませんということでした。
天然記念物に指定した県
県より保護管理を任された村
文化財は自動的に教育委員会
委託管理者となったNPO
その下に 飼育担当者
その一番立場の弱い飼育担当者が全人類の中で一番この子たち(馬たち)の身近にいます!
飼育主体を現場にしてくれたのなら、進むべき方向がクリアになります。必要なお金を探す努力もできるからです。

CIMG6933.jpg
CIMG6937.jpg
先日グレーたちの柵に牧草の種を蒔きました。
カーペットグラスといいます。
かわいそうですが無用のけんかを避けるため、繁殖に参加できない男の子4頭は一番狭いところに入れられています。
そこしか入る場所が無いからです。いずれは群れの再編成で広いところにしてやりたいと思っています。
男の子同士はコミュニケーションの一環で糞を重ねあいます。
山のように積もった糞で大切な牧草が圧死してしまいます。
ただでさえ狭いのに大切な草が・・・。
というわけでせっせとボロ掃除+播種というわけです。いっぱい草が生えてほしいと思ってるのですが、雑草の進出も多く、
また梅雨の大雨が種を流してしまうのではないかと心配。
CIMG6945.jpg
3足あった長靴全部に穴が。
島に来て5年、さよならした長靴は20足くらいに。
何で長靴はこんなに穴が開くの?
まあ、安いのしか履かないからねえ。
巷では1万円越えのえくすぺんしぶ長靴がショーウインドウに飾られていますよね。
あんなのどうなのかな。
でもね、これだけ竹があればイチコロですよ。
やっぱり消耗品かな。
ちょっとした穴や破けなど長靴を修理するいいものご存知ないですか?

スポンサーサイト


  1. 2010/05/20(木) 20:26:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

修理

長靴の修理には、釣具屋さんやアウトドアショプに置いてある
アクアシールがいいですよ。
  1. 2010/05/20(木) 21:38:42 |
  2. URL |
  3. 中のシマ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 修理

ナイス情報、ありがとうございます。
ほんの小さな~(♪サボテンの花)穴でもあいてしまったらアウト、水に入れないと長靴の意味が無いですからね。
買ってみます(^-^)。
  1. 2010/05/21(金) 19:35:25 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/05/23(日) 23:32:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/147-fb6ccb3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。