トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

村役場が高尾地区の遊休農地を活用しようという取り組みを始めました。
予算は国が地域活性化の名目で全額補助金を出してくれるそうです。
昨日、役場経済課の職員さんと雇用主体になる建設会社の人が島を訪れ、説明会がありました。
規模としては今年度と来年度、島から3名・鹿児島から1名を開拓要員として日額7000円で雇用し、
当面村有地を主として整地作業をするそうです。
整地後の農地ではすべて換金作物を栽培し、雇用された人員を中心メンバーとした農産物生産組合を立ち上げて経営的に自立した組織を作ることが狙いのようです。
中之島は専業農家が少ないので、この組織ができてうまく回り始めれば農業だけで食べていけることになります。
まだ具体的な作物は決まっていないそうですが、他の島との競合を避けた種類で例えば換金率のいいジャガイモやハウス栽培のキンカンが上がっているそうです。島内消費の換金生産物として牧草も考えられるそうです。
島は竹がはびこり、遊休農地などはそう年もたたないうちに竹林になってしまます。
竹は根っこが本当に厄介。今回は大型の重機が入ってバンバン開墾してゆく計画だそうです。
一つびっくりしたのは、粉砕した竹の木端を地面にすきこんでしまうと、土中のリンや窒素・カリなどの栄養を分解してしまうそうな!カンタの牧場にはまだ半分以上の面積竹の木端が積もっているのです。
一説には竹が腐ればいい肥料になると聞いたこともあるのですが…。でもまあ、今は時間ができたときチマチマと竹木端の掃除をしています。
今回の募集は60歳未満だそうで、がっかりした島の人も多かったようです。
雇用はフルタイムなので、今専属の仕事を持っている人も難しいかも。
万が一島で募集人数に満たなかった場合、その分島外から連れてくるそうです。
農業で飯を食う、考えてみればこの自由化のご時世すごい取り組みです。
どこにも負けない物を作ることが鍵になります。
ちょっと夢のある話ですね。

スポンサーサイト


  1. 2010/12/10(金) 21:44:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/213-7560891b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。