トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG7898.jpg
霧島連山の新燃岳の噴火、本当にひどい被害になりましたね。
桜島の灰の大変さは知られているところですが、諏訪之瀬島から時々南風に乗ってやってくる
ごくごく少量の灰ですら不快に感じるのに…。
そして空振、初めて聞きました。窓ガラスをも割ってしまう威力、怖いです。
私たちの目の前にも中之島御岳様がいます。水蒸気の噴煙はいつも出ている状態です。
火山列島の日本、いつどこで同じような現象が起こってもおかしくないのでしょうね。
人間も大変ですが、また胸が痛いのは火口周辺で生息していた生き物たちのことです。
空振の映像で降灰した部分が波立ったのを見て、虫や鳥や動物たちはあの灰の中でと思うと…。
そして霧島周辺には観光牧場もいくつかあります。
音に敏感な馬たちはさぞ怖いのではないだろうかと想像しています。
終息はいつになるのでしょうか。早くおさまってくれるのを祈るばかりです。

火山だけではありません、自然の力の大きさと人間の無力さをこの1月の天気でも知らされました。
北陸では雪雪だったようですが、中之島は雨雨雨でした。もう太陽は現れないんじゃないかと思うくらい。
天気予報では2月から持ちなおすということでしたが、まさにその通りで、2月の声を聴いた途端、暖かい日光を拝むことができました。2日の日は雨になりましたが、今日は朝から放射冷却が起こる程の晴天となりました。
CIMG7887.jpg
馬たちも敏感に感じ取っているのでしょう、雰囲気が少しほっとしているようです。
子馬も横になって休んでいます。
CIMG7893.jpg
↑そっくり姉妹①「ひな」と「ちゃこ」マリーの子
CIMG7890.jpg
↑そっくり姉妹②「つばき」と「ロコ」ローズの子

たぶん昨日なゆたは手術だったはずです。
村教育委員会のほうから、執刀してくださった教授はお忙しい方なので、現場が直接連絡をとるのは控えてほしいと言われています。教授からはメールで教育委員会のほうに連絡が行くとのことでした。
そのメールを私にも転送してほしいという旨を教育委員会には連絡済です。
昨日・今朝と、まだ連絡がないので、もう少し待ってみます。
スポンサーサイト


  1. 2011/02/03(木) 09:35:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/225-8bb8b421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。