トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日(2月24日)無事に島に帰ってきました。
午前中は雨で、朝7時に家についた私はクー(犬)の散歩・カンタ(馬)の餌やり、
トカラ馬の世話・配達(物数多い!)~15時。
遅いブランチ(朝抜きだった)をとって17時カンタを放牧場へ、続けてトカラ馬たち夕方の
餌やり…ボロとり…気が付けばとっぷり日は暮れていました。
と、ここでショックなことが起こってしまったのです。
暗闇の中、カンタを放牧場から家へ連れて帰る途中、私の制止を振り切ってカンタが逃亡。
こんな時以前は10mもいけばその辺の草を食んで止まるのですが、今日はすたすたと私から逃げるのです。
それでも道路沿いを進んでくれればよかったのですが最悪なことに牛の入っていない“準備中”の広大な放牧場に入ってしまったのです。
100円均一で買ったライトは薄暗くしか照らしてくれず、暗闇の中どこにいるのかわかりません。
ただただ牧場は広く・闇、さらにそこかしこの柵が壊れて開いている状態、後ろは深い山、どこをどう探したらいいやら。
だんだん不安はつのって、頭の中は徹夜であてもなく暗闇を探しつづける悪夢と、
日が昇って明るくなるのを待つ間眠れない夜を過ごす悪夢がグルグル。
ああ、このまま見つからなければ明日の仕事はどうしよう・・・。

結局、わずかに聞こえるカンタの足音を頼りに何とかかんとか追いつき、確保。
無事に帰ってくることができました(涙)

どうしてこんなことになるんでしょう。
それは私に「何か」が足りないから。
師匠に言わせれば「そんなこともわからないのか」とあきれられそうですが、
私にはまだカンタの“それ”を見つめられない。
なんとかカンタに教えてもらいながらこの件を解決してゆきたいです。
(今度は明るいうちに)
スポンサーサイト


  1. 2011/02/24(木) 22:01:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/228-1503e1b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。