トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ろー
ここのところのぐずついた天気。
どうやら日本列島広い範囲でそうみたいですね。
中之島も夜雨が降って、朝少し残って夕方持ち直して、また夜雨という感じが続いています。

さてさて、
残念だからか、今年はどうかなと張っていた気持ちが緩んだことから感じる喪失感か?
ちょっと複雑な気持ち。

どうやら、たぶん、今年はマリー・ローズ共に出産はないかもしれません。
いやいや、昨年・一昨年と続けて産んでくれているので休んでくれたほうがいいくらいだと
思います。

ローズが発情している様子を確認しました。
マリーは去年3月に産んだ子にまだお乳を吸わせています。

スポンサーサイト


  1. 2009/03/03(火) 18:53:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

馬と雨

私の愛馬も雨に濡れており、心配で検索していたら偶然ヒットしました。現在濡れているのは、シェットランド・ポニーです。今年3月に生まれた木曽馬飼育用に、譲渡されました。今後は、サラブレッドも来ます。
福島の津波と放射線で被災した馬です。本州唯一の和種馬の木曽馬ですが、手がかかるのにメリットが無いとの理由で、飼育頭数が減っています。私が住んでいる松本市でも、昨年の暮れに最後の1頭が
売却され、絶滅しました。秋に仔馬がくれば、復活です。損得で生物の生存権を奪ってはいけません。私も鹿児島県出身(入来の近く)なので、「んま」に反応しました。
損得では片づけられない「いのち」の重さを継承しなくては、絶滅してからでは、不可能です。頑張ってくださいね。
  1. 2011/07/19(火) 14:46:06 |
  2. URL |
  3. 木曽っ子 #-
  4. [ 編集 ]

日本在来馬

木曽っ子さま
はじめまして。コメントありがとうございます。
被災した馬を引き取られていらっしゃるのですね、どうか大切に飼ってあげてください。
“損得では片づけられない命”の重さをお話しくださった木曽っ子さんなら安心です。
この震災で亡くなっていったたくさんの命のことを思うと、本当に言葉がありません。

木曽馬は富士五湖のそばにある乗馬や流鏑馬をメインとした牧場に伺ったとき会ったことがあります。
骨太のどっしりとした印象を持っています。

家畜はどうしても人間の都合で動かされます。それはそれで仕方のないことだとは頭ではわかります。
私もこうしてトカラ馬に携わって行く中で、人間がいるから馬がいるのだ・だから人間の都合が最優先だ、というお言葉を頂いたことがあります。
でも私は世界で一人だけでも、ここのトカラ馬たちがここまで必死で命をつないできてくれたから、いまここにこうして牧場があるのだと声を張れる人間でいたいと思っています。
  1. 2011/07/20(水) 21:47:10 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

>世界で一人だけでも、ここのトカラ馬たちがここまで必死で命をつないできてくれたから、いまここにこうして牧場があるのだと声を張れる人間でいたいと思っています。
その通りです。生物多様性社会の実現を!と声高に主張しますが、実際に動く人はほとんどいません。
「大地震・津波・放射線に被災した動物が可哀想」と言う人は多くても、引き取る人は極まれです。何もメリットが無いと、誰も動かないのが今の日本です。
木曽馬は157頭生存していますが、近親繁殖の弊害で死産や早逝が増えています。上野動物園で国賓待遇を受けているジャイアントパンダは、世界に3000頭いるそうです。
木曽馬やトカラ馬は、20倍以上稀少な和種馬ですが、誰も大事だと思わないのです。
国の特別天然記念物トキも、空を覆うほど飛んでいたのです。中国から輸入する前に、誰かが保存会を結成していれば。後悔先に立たずです。
小さな活動ですが、半身不随の体に鞭打って、日々前進あるのみです。あの可愛い純粋な目で見つめられたら、苦労なんてへっちゃらです。屋久島までは行ったので、今度は中之島にも行きたいです。
  1. 2011/07/21(木) 09:18:14 |
  2. URL |
  3. 木曽っ子 #-
  4. [ 編集 ]

木曽っ子さま

熱い想いが伝わってきます。
お体に気を付けて、頑張りすぎずに、でもがんばってください。

新しい命が生まれてくれています。
小さな一歩ですが、未来への大きな希望です。
  1. 2011/07/23(土) 20:48:42 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/23-dbc18e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。