トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

台風の影響がなくなってから、ずっと快晴が続いています。
夏の太陽、暑い~。
でも大都会のそれのように夜でも熱がこもるのとは違って、日が落ちればちゃんとひんやりしてくれるので、
何とか昼間の疲れを取ることができます。

今日は年に1回(?)の村政座談会がありました。
村長をはじめ各課の課長が集まって各島に出向き、村政の内情を説明し村民からの要望を聞く
という会です。
午後2時から2時間ほど。
いくら忙しいからって、役場の都合で
お盆前の夏休み期間中、平日の真昼間って誰が集まるんだと思っていましたが、
いえいえ、ちゃんと大勢集まっていました。さすが。
私は仕事があって途中からの参加。
ちょうど資料に基づいて各課からの説明が一通り終わったところでした。
各課の平成23年度の事業と予算、おおこんなところにも補助金が出ているのかと思う箇所もありました。
村民からは土木工事を中心とした環境整備の要望が出されました。

しかし、当たり前とは言いながら人口700人足らずなのにもかかわらず7島もの島をかかえ、
同じ内容を7回繰り返すのも大変ですな。
今回は上3島(口・中・平)、9月に下4島を回る予定だそうです。

夕方、当ブログを読んでくださったお客さんがトカラ馬牧場にお見えになりました。
中之島を気に入ってくださったらしく3回目の来島だそうです。
離島がお好きで馬がお好きで、口之島の野生牛にも大変興味がおありになるそうです。
すごく元気で島中徒歩で回ってしまうバイタリティー。
一通り我が牧場の子たちを紹介させていただきました。
いろいろご存じでご説明することはありませんでしたが、馬と触れ合っていただき、
楽しんでいただけたようです。

まだ乗馬もできない馬たちですが、人と触れ合うことは大好きで、
こうしてみると、ただなでていただいて、少し馬たちのことをお話しさせていただくだけでも
何だか観光の1ページになるんじゃないのかなと思いました。

子馬たちは元気です。
こむぎの赤ちゃん、「もんち」と呼んでいます。
教育委員会からの指示では中之島小中学校の児童生徒に名づけてもらうよう学校に依頼したと
いうことですので、もう少したったら新しい名前が決まると思います。
そのもんち、元気はつらつのむく(とーむ)兄さんにしょっちゅうなつかれています。
うーん、鍛えられるね。本人もだんだんと慣れてきている感じです。
でもやっぱりね、かすり傷ですが。
馬同士のコミュニケーションの表れだと思ってます。

CIMG8736.jpg
CIMG8726.jpg
スポンサーサイト


  1. 2011/08/11(木) 00:03:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

もんちの瞳

私は科学者なので、何故馬の瞳が魅力的なのか考察しました。暇ですから・・
人間の男性は、女性の目を見た時、1:1.25:1(白目:黒目:白目)だと魅力を感じるのだそうです。
この習性に着目して、黒目(瞳)が大きく見えるコンタクトまで販売されています。

何故魅力を感じるか?この比率の瞳で見られると、自分を見つめていると錯覚するのです。
悲しい男の本能ですなぁ。「あれ、この女性、ひょっとして俺に好意を抱いてるのか?」と錯覚するのです。
要は瞳が大きく見えれば良いので、目全体が大きく見えるように、つけまつげやアイシャドウを塗るのですね。
究極は、モー娘やAKB48の裏技、目頭切開です。

馬の眼球は、陸上の哺乳類で最大だそうです。
あの瞳を見たら、キュンとくるのですね。なんせ白目が無くて全部瞳ですもんね。

錯覚ではありません。天然ですし・・
女性が目の綺麗な男性に魅力を感じるのも、同じ理由です。

北海道和種(ドサンコ)保護に熱意を注ぐ老人を発見しました。
和種、軽種に限らず、馬の魅力は無限です。
  1. 2011/08/11(木) 08:50:52 |
  2. URL |
  3. 木曽っ子 #-
  4. [ 編集 ]

おお~

もんちに限らずトカラ馬の子供たちの瞳は何とも言えないブルーをしています。
妖精がこの世にいるならば、きっとこんな瞳をしていると思います。
馬たちの目は時に何かを訴えていますが、それを読み解く力が欲しいです。

どさんこもかわいいですよね。
北海道に5年住んでいましたからよくわかります。
他の和種馬とは違って、頭数も飼育者数も利用環境も飛びぬけて良い感じがしますが、
保護に力を注いでいらした方がそれを支えているのですね。
  1. 2011/08/11(木) 22:01:29 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/274-65a79242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。