トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG8935 - コピー
今日は秋の投薬デー♡(かわいく言ったがカワイイか?)
エクイバランゴールドという経口投与薬で駆虫、線虫・条虫バイバイです。
都井岬では国の天然記念物ミサキウマを毎年駆虫しています。
「駒追い」と呼んで100頭近くの馬群を追い込み柵に入れて身動きできないようにしてから
投薬・採血・番号付けなどをしたりするのですが、中之島の馬たちは薬を飲ますだけなので
フリーでダマシダマシです。急に小さな筒を口の中に入れられ、むにゅっと変な液体を放り込まれる。
なにこれ~とフレーメンです。馬にしてみればいい迷惑です。
ただ、中には不用意に不審物は絶対口に入れないわというツワモノもいて、今日も何頭
かは捕りもらしましたが、明日以降必ず。
愛犬も先日投薬。9種混合ワクチン接種。犬同士の感染症予防薬なので離島なのに必要なのと
思う方もいらっしゃるかもしれませんが万全の注意の一つと思ってやってます。

本日は全体的には曇り空。なんだかムシムシしました。
そのせいか、虫が多いのです。外作業の途中に長袖の上着を脱いだ時、
半そでから出た腕にうようよ蚊がとまって・・・。
よくTVの実験でクリアボックスに放った蚊の大群の中に手を突っ込む映像がありますが、
まさにそれです。いっきに複数の蚊がくっつくのを想像してください~イヤ~っでしょ。
蚊の生態を聞くと、こうして血を吸うのは栄養が必要な妊婦さんだけだと言います。
かゆくならないのなら吸わせてあげたい気もしますが、犬はフィラリア人間ならマラリアなど
命にかかわる病気を媒介したりもしますので、防衛上そうも言っていられない。
先日野鳥が道路脇で死んでいたのを見つけましたが、どうやら交通事故のようです。
猛禽などに捕食されて命を落とす野鳥も多いですが、こうして人の行いによってなくなる命は切なく感じます。
私の手につぶされてしまう蚊も命は命ですがやはり自分により近い種の方が感情移入します。
勝手なものです。
でもこうして野鳥が成鳥まで生き残れることはとってもとっても大変なことです。天気・天敵・
幾多の困難や危機を体験してきたはずです。それらを乗り越えてこの子は一体、
一生のどんなタイミングで亡くなったのだろうかと思ったのです。
小さな命に思いをはせると、ふと自分の命が不思議になる瞬間があります。
心臓一つとってみても不思議の塊です。30年以上も休まずに動いてくれている・・・
私が24時間動けと命令しているわけでも何でもないのに。
動かしている自覚のないまま動いてくれています。
この心臓はだれが作ったのでしょうか。私が生まれるずっと前からこのシステムは存在するのです。
父母はもちろんですが、もっとっもっと前、人類が生まれたとき?いやその片鱗は地球上に生命が誕生したとき、
でももっとさかのぼれば有機物が現れた時。地球が生まれたとき・宇宙が生まれたとき。
どうしても解決できない問題があるのです。
ビックバンで宇宙は生まれたというけれど、じゃあその前は?時間も空間もない「無」から「有」は生まれるものなのか?
そしてこの地球上にあふれる生命のこの精巧な作りが「無」から生み出されるものなのか・・・。
あら、眠たくなってきた??
失礼しました。

私もトカラ馬たちも何かの意思で誕生していたとしたならば、計り知れな意味が存在していたのなら、
とふと思うわけです。



スポンサーサイト


  1. 2011/10/13(木) 19:27:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/283-9ca551a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。