トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なゆたのこと。
CIMG8828.jpg
CIMG8843.jpg

お見舞いに行くと、なゆは元気にしていました。
7月に見た縟瘡(床ずれ)も治っていました!
入院中新たに骨折した患部も完治したそうです。
やっぱり寝ることがおおいのでそれによるこぶなんかはできていましたが、
お世話してくださっている方のお話では問題ないとのことでした。
また、1週間に1回くらいのペースでシャンプーもしてくださっており、大変清潔そうでした。
なゆ自身も水を嫌がらず、浴びたいと近寄ってくるそうです。

骨の状態は9月半ばに移植手術をしてその経過待ちとのことでした。

そして本日経過のご報告を頂きました。
手術1か月が経過、X線で見ると骨は繋がっていないが、感染はなくきれいとのことでした。
通常の骨折でも完治に最低2か月はかかるとのことで、まだ経過観察とのことです。
でもなゆ自身が患部のある足に体重をかける様子が見られてきているそうで、
このまま調子が良ければ4本で歩ける日も近いのではないかと手術を執刀してくださった先生が
話して下さっています。
明るい兆しがここにきてようやく表れ始めました。


スポンサーサイト


  1. 2011/10/13(木) 20:18:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

なゆたの近況が聞けそれも明るい知らせ嬉しい限りです。
Tokaraumaさんのご苦労が報われることを心より祈っております。

そうそう『みりん』ステキな名前ですね。リンリンリン~~高原に響き渡る感じ(^^)
  1. 2011/10/13(木) 21:40:50 |
  2. URL |
  3. yoron_hana #-
  4. [ 編集 ]

生命力

簡単に言えば「神」が与えた力なのでしょうが、生きようとする力はすばらしいですね。
科学者なので違う表現をすれば、DNAを繋ごうとする欲求です。

気象・疫病・天敵等の襲来を乗り越えることで磨いてきた生命力。
そこに人間の獣医学が加味されているので、なゆたは最強です。
鹿児島大学えらい!もっともっと学識経験者の努力をアピールすべきです。

私のサラブレッドも、津波で両前足を怪我して、もう7ヶ月経過するのに、完治しません。
岐阜大学獣医学科のご協力で、治療し元気になれそうです。

神やDNAが与える生命力にも限界があり、驚くほどあっけなく死ぬことも多いです。
放置して馬の自力本願に任せず、自然の摂理に反しない程度に、人が力を貸すべきです。

なゆたが島に戻り、仲間と草原を疾走できる日が楽しみですね。
私の鹿毛(3歳牝馬)も、放牧場を疾走できるようになりました。
2頭の画像を送信しますので、問題が無ければメールを下さい。
  1. 2011/10/14(金) 07:51:37 |
  2. URL |
  3. 木曾っ子 #DEn/WaYs
  4. [ 編集 ]

今回の術後の成果は実際なゆたの頑張りも大きいようで、
本人の免疫が細菌の感染を抑えている大きな要因の一つと先生からおっしゃっていただきました。
治療にあたって8か月、幾度もの手術と検査を繰り返し、身も心もボロボロなのでは・・・と心配していた私には
本当にうれしいお話です。今すぐあってなでなでしてほめてやりたい気分です。
それも病院の先生・学生方が親身になってなゆたと接してくれていたから、なゆもああ大丈夫なんだと心を強くもてているのだと
思うのです。
  1. 2011/10/15(土) 06:12:33 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/285-1cd7f08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。