トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

uma
本日、朝、こむぎが赤ちゃんを産んでいたのを見つけました。
夜のうちに産んだのでしょう、もう子馬の体は乾き、母馬は後産が取れている状態でした。
こむぎは初産です。ちゃんと赤ちゃんを守る行動・気遣う行動をしていました。立派な母馬に
なりそうです。
お乳も飲んでいました。初乳はばっちりです。赤ちゃんの飲み方がまだうまくないので、こぼし
ながら飲んでいました。
乳量も問題ないようです。
・・・ところが、後ろ足がおかしい・・・・。
ちゃんと蹄を地面につけられず、かかとで立っているかのよう。
そのためしっかりした歩幅がとれず、よろよろ。
生まれたばかりでこの状態はどうしたことだろう、奇形なんじゃないだろうか。
心配して馬を飼っている人に電話で聞きました。
もし、先天性の発達不全の場合は蹄の場合馬には致命傷とのこと。体重が増すにつれて足に
負担がかかり、歩行困難=死。
馬は他の動物と違って、足が命です。代謝の関係上、足が動かないことは本当に死を意味する
のです。
ああ、どうしよう、、なにか策はないものか、暗たんたる気持ちで過ごしました。
馬の非常時の処置法が書かれた本にもこの症例の記載はありませんでした。
せっかく生まれてきてくれたのに、足の痛みと死しか待っていない未来なんて!!!

uma
uma
ところが、夕方、馬の専門家に話をうかがうことができたと
知らせがあり、どうやら、大丈夫とのこと。
はあ、よかったあ。
サラブレットの子馬にもある症例らしく、1ヶ月程度で正常な形になるそう!
気にする飼い主さんはサポーターで固める処置をするくらいで、大丈夫なんだとか。

一気に気持ちが楽になり、この文章を書いているところです。
よかった、よかった、よかった。
今日は晴れ、お日様がぽかぽか。
子馬は弱い足を懸命に動かして母馬についていき、お乳を飲み、ぐっすり眠りました。
こむぎはエライ!ちゃんと晴れの続くときに産んで!明日あさっても晴れの予報です。
もし出産が3日早ければ暴風雨でした。

残念なことに教育委員会の方では、雨を防ぐ施設はあまり必要と思っていないようで、
過保護じゃないかとのこと。
・・・鹿児島にいる人たちはどうして島の馬に冷たいんだろう。
あの暴風と雨が続いた日々に、もしこの子が生まれていたとしたら、屋根のあるところに
入れてやりたいとどうして思ってはいけないんだろう。
本当のところ、人間(私)の気休めかもしれません。
強い在来馬、ほおっておいても勝手に育つのかもしれません。
でも安全策がとれるのならばとりたいのです。エゴでしょうか?私はこれは馬飼いならば
誰でも持つ正直な気持ちだと思いたいです。

uma



スポンサーサイト


  1. 2009/03/15(日) 19:11:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

避難小屋

赤ちゃんの足の写真、見た瞬間ドキッとしてしまいましたが、特に問題がないようでよかったです。
こはるちゃんのケガもよくなって、本当によかったです。

雨避けの施設を作りたいという想いは、過保護ではないと思います。
トカラ列島にいてこそのトカラ馬だと私は思っているので、もっと"現地"のトカラ馬に重きをおいてもいいのではと感じます。
それに、おとなしくて優しい性格のトカラ馬と地域がリンクして、十島村全体が活性化する道があれば…!
というのは、一介の旅人が感じたキレイ事なのかもしれませんが…。


以前、家の近所の牧場で飼育係りの人がコンクリートブロック積んで、上に屋根をのせて、ポニーの日よけ小屋を作っているのを見ました。
作る場所の確保などもあるので簡単にはいかないかもしれませんが、手作りブロックの小屋はトカラ馬にも転用できるかなと思いました。
重労働かもしれませんが、ネットなどにもブロックの積み方のコツが載っているので、実費のみで人件費は抑えられるかもしれません。
すべて、素人考えなのですが…
  1. 2009/03/16(月) 11:33:45 |
  2. URL |
  3. ゆうき #0DyLTTu2
  4. [ 編集 ]

Re: 避難小屋

ブロック作りの建物は強いと思います。
島では開拓当時に建てられた古いブロックの建物が今でも残っています。
厳しい台風に耐え、廃墟ですがそれでも原型はわかります。
木材の家はシロアリにやられます。

・・・馬の雨よけの施設は村側がいらないと言ってしまえばそれまでなのです。
現実、村の所有物なのですから、わたしのかわいいこのこたちは。とほほ。
個人で作った施設に保護したら、拉致って言われるかな~。
  1. 2009/03/16(月) 20:59:13 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/29-2d5b8e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。