トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG9195.jpg

大学時代のお友達から、作った新米を頂きました。
・・・誕生日プレゼントに・・・。
さすが。
食うもの(それも主食!)チョイスは私のこと(胃袋)をよく知っていなさる。(*^-^*)
紫芋もいただきましたよ。てんぷらにしましたよ。
ありがたやありがたや。

十島村で水稲をしている地域はごくごく限られています。
平島が有名です。
中之島も戦時中の食料難などある期間作られていましたが、いまはそれも
水芋畑やその他畑や荒れ地やらに変わっていて作付はありません。
水が豊かなので作ろうと思えば作れるのでしょうが、その労力を考えたら買った方が安い
という時代になりました。
野鳥が多いから稲穂はついばまれるし、風が強いから倒伏の心配をしなくちゃいけないし、
資材は高いし送料はかかるし、第一体力が。
便利になったフェリーでよそから買ってきた方が安くていいものが食べられるのです。
その問題が今、日本国全体で起きようとしています。
TPP。
話題になっていますが、安くておいしいジャポニカマイが海外から輸入されるようになれば
消費者(外食産業を含む)は選択肢がだいぶ広がりますよね。
安全を優先したい・日本の農業を守りたいと言って国産を求める人がいったいどのくらいいるのか。

この問題は輸出・入品だけでなく、人材やサービスの観点でも開国をはかられるみたいで、
国の形がすっかり変わってしまう可能性もあるわけです。
この国をどうしたいのか、どうしてゆくべきなのか・・・
結局はなるようになるのが人間の世界の常かなー。
いくら歴史を勉強しても、繰り返すものは繰り返しているし、新しいものに立ち向かってゆく心構えは
結局その時を生きる人の心次第。



スポンサーサイト


  1. 2011/11/08(火) 19:54:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/295-038c369e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。