トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここ3日ほど地面の乾く暇がありません。
強い降りではないのですが、小雨が断続的に降る感じです。
島はずっと雲が多い日が続いています。
ただ、先日の皆既月食ですが、午後9時ごろにはざーっと雨が降ったらしいのですが(寝てた)、
皆既月食がはじまった午後11時ごろには上がって雲の切れ間から観察することができました(起きた)。
暗い赤みを帯びた月でした。
いつも満月には他の星がその光でかすんでしまうものなのですが、皆既時は☆たちがキラキラ
輝いていました。不思議な光景でした。いいカメラがあれば写真撮れたのに。
満月と流れる雲と電信柱のシルエットがちょうど宮沢賢治の童話「月夜のでんしんばしら」を
思い起こさせました。

中之島は空気がきれいで、満天の星が望めます。天の川も見たい放題です。
ただ、ご存じのとおり979mの御岳様が雲を集めるので、けっこう曇りがちです。
天文台があるのですが、稼働率はあまり良くないでしょう。さらにこの天文台、
後方に山をしょっているというちぐはぐな立ち位置で、夜空の可視範囲が狭いのです。
国にお金がざっくざくあった頃に建設されたもので、今維持費がけっこうかかっているみたいです。
中の天体望遠鏡は名高い方の作品だそうです。
こんな立派な施設もやはり島が離れていることで700人弱いる村民のごく一部しか使えないのが
もったいないですね。

さすが師走、忙しい日々です。
陽が短いから余計にそう感じるのかもしれませんが、
あっという間に1日が終わってゆきます。
午後3時半過ぎに牧場にたどり着くのですが、馬たちに挨拶しているうちに、はや5時のチャイム、
そこから日暮れの早いことったら。
またこの時期、〒の配達業務を受け持っている私は、今お歳暮に追い立てられています。
出す方は島のみかん(スイートスプリング)が最盛期です。
島の方々が各地のご家族やお知り合いにお歳暮で送られるので、大量の小包が集まってきます。
船の〒コンテナはみかんでいっぱいになります。

今年最終のフェリーは12月30日に上り、(←水曜日出しの便)
来年の初便は1月4日(水)に出航予定です。

お正月鹿児島に上る人、島に残る人いろいろです。
~私は例年通り~元旦・年賀状配達デース。
スポンサーサイト


  1. 2011/12/12(月) 19:15:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/305-cce80bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。