トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG9387.jpg
CIMG9379.jpg
トカラ馬牧場に案内板をたてたいという想いは以前からずっとあったのですが、
今回ようやく実行に移し、まだ補強のために支柱を増設するつもりですが、一応完成しました。
よか看板ができたね~と通りすがりの島の人たちに言ってもらえるので、うれしいです(^-^)
島の人にご協力いただきながら費用・作業すべてボランティアでできました。
施設管理を委託されているNPOさんからは費用を出しましょうかとおっしゃっていただきましたが、
夏の時点で財源不足だからトカラ馬のエサ代を減らすことは可能か?と問い合わせがあっただけに
とてもとても。
トカラ馬の維持費は村からNPO委託当時単独で概算で見積もってあったのですが、現在は施設管理の
予算にまぜこぜになっており、つまり施設運営にお金がかかればその分馬のエサ代に響いてくる
構図になってしまっています。
(NPOさんの委託契約は開発センター運営・運動公園管理・トカラウマ牧場管理・歴史民俗資料館管理
天文台管理)
頭数も増え、食べ盛りの子供たちも多いので何とかエサ代だけは減らさないでほしいと懇願した結果、
最大限の努力はしていただけることになっています。
でもたまに管理者の不注意で使っていない施設の灯りが消し忘れているのを見たりするとがっかり。
ああ、あの電気代でエサ代が減ってゆく・・・と。
馬単独の予算配分がたたないのはNPOさんの運営方針なので、なんともいえないところ。
現場の努力も大切と日々頑張っております。

案内内容はこんな感じです~

「鹿児島県指定天然記念物
    日本在来馬 トカラ馬

トカラ馬は体高110~120cmの小型の馬で、古くから日本の風土の中で飼育されてきた歴史のある馬です。
体は小さくても強健で粗食に耐えることができ、小柄な日本人が農耕・運搬・乗用に利用してきました。
明治中頃、政府による馬体改良が盛んに推奨されるようになり、その結果多くの馬産地では西洋種との交雑が進み、  馬たちはどんどん雑種化してゆきました。
明治30年(1897年)、古くから馬産地であった喜界島から十島村宝島へ未改良の馬10数頭が農耕馬として導入されました。馬たちは島の人々に大切に使われ、その後外来種を混ぜることなく繁殖保存されました。
全国的に馬の改良が進むなか、日本在来の形質を持つ馬はどんどん姿を消してゆきました。しかし、トカラ馬は宝島で残ることができたのです。
しかし戦争や戦後の近代化で、島でも馬の飼養頭数が減少したため、鹿児島県は昭和28年トカラ馬を天然記念物に指定し保護することにしました。
十島村では中之島の高尾牧場を飼育場に定め、昭和52年(1977年)宝島からオス馬を導入し、本土各地に渡っていた馬を数頭島に戻す形で保護をはじめました。
現在トカラ馬は鹿児島大学付属農場と開聞山麓自然公園など合計100頭以上が飼育されています。
高尾牧場では貴重なトカラ馬をトカラの地で残してゆこうと努めており、今後も発展的な保護活動が行えるように新しい馬とのつながりをめざしています。」


スポンサーサイト


  1. 2011/12/21(水) 03:13:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

いい看板ですね!

ご無沙汰しております。
8月、島ではお世話になりました^^

牧場にいい看板ができましたね。
見た人は、トカラ馬の勉強になりますし、
中之島の旅の思い出のひとつになりますね。

馬のエサ代は、月にいくらくらいかかっているのでしょうか?
頭数が増えているのは嬉しいことですし、仔馬たちの健康が維持できるよう、
最低でもエサのことだけは心配したくありませんね。
  1. 2011/12/26(月) 02:22:03 |
  2. URL |
  3. ワダナ #auyQKGwQ
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます(^-^)

手作り感満載の看板登場です~。
このところ雨が続き、パウチしてタッカー(ホッチキスのでっかいバージョン)で
止めた少しの隙間から雨がしみ込んでしまっています。
でも想定内。インクは水ににじまないものを使っているので大丈夫です。
みすぼらしいのを除けば。
このままではなくて、新しい掲示物に取り換えてゆきたいと思っています。
あと、二本足だけでは高尾の強風に耐えきれない恐れもあるので、
近々に支柱を増設するつもりです。
抜かりはありませんよ~。

エサは主にヘイキューブで、実は半分は私が自前で補っています。
自馬カンタのためにももともと仕入れなくてはいけないものですし、
少し多めに買っている状態です。
なぜこんなことまでするかというと、1月2月3月と一番エサ代が必要な時期に
人間社会では年度末を迎え、予算が枯渇しましたと言われかねないからです。
なんとか馬にかかるエサ代を去年と同じレベルにし、一番必要な時に必要な分だけ
与えてあげられるようにしてやりたいと思っています。

今は草も少なくなってきていて、私が来てヘイキューブをもらえるのをみんな楽しみに待っています。
馬体も良好ですよ。
ボロもころころぴかぴか、きれいです。
  1. 2011/12/27(火) 19:21:06 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/307-fbb446ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。