トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんだか調子戻ってきたみたいですよ。誰かさん。
今日は最後までチモシーもりもり食べてましたよ。
ぐっとへっこんでいた脇腹(胃の辺)も以前よりふっくらしてきたし。
ふー、まあ、過信せず経過観察あるのみです。

一雨ごとに暖かくなって、春に近づく・・・よく言われることですが、
こんなに雨が降れば、4月には40℃越えちゃいマスヨ。
今日は明け方まで雨が残り、本降りまでではないもののぐずついた午前中となりました。
この先一週間の天気予報もパッとしないです。

「戦火の馬」という映画が話題。
戦争に駆り出された軍用馬が戦地で人々との愛情を育むというお話らしいです。
監督は戦争の悲惨さ無益さを前面に訴えるというのが主題ではなく、
困難な中にも生まれる暖かさを描きたかったのだとか。
軍馬徴用は日本も一緒なのですよ。
一般家庭(農家)から使役馬たちが徴兵されたのです。
以前犬でもそんなことがあったという話を聞きましたが、馬もまた訳が分からないまま
戦地に送られました。
家族同様に暮らしてきた馬がある日突然とられる恐怖、それも過酷な戦場に。
今私は馬飼いモドキの立場ですが、農村から馬たちが列になって歩かされ
徴用されていく写真を見ると、胸がギュッとします。

馬がこれだけ人間に近くなった歴史を鑑みれば、「戦(いくさ)」は切っても切り離せないものです。
馬=武器という時代は長かった。
改めて考えると、人間って・・・って思います。


スポンサーサイト


  1. 2012/03/01(木) 19:17:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/326-cb613950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。