トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG9755.jpg
村は島を離れた人の住宅を借りてリフォームし、移住者の定住用にあてています。
今中之島では2件工事中。
どこも古い家なのでもとは汲み取りのトイレですが、これは排水設備を整備し浄化槽を取り付け
水洗になります。木枠の窓はサッシに変わり、床も総張り替えです。
既にリフォームが終わった家には順次移住者が入ってます。
中之島だけでなくこの事業は7島全部でやっているんでしょうから、リフォーム件数は相当な数になりますね。
島に移住者を呼び込むには仕事と住むところを用意せねばと思った村は
村営住宅新築には予算が足りないため、空き家利用を進めたようです。
先日届いた村の広報誌には移住者の紹介があり、各島にそれぞれ数世帯転入しているみたいです。
移住の決め手は素朴な感じが好感持てたとか、自然にひかれてとか、いろいろですが
やっぱり村から出る助成金も大きなきっかけになっていると思います。
移住者は単身で7000円/日額夫婦はそれ以上、定住に関する作業をすることを条件に役場からお金が出ます。
私が島に来たときはそんな制度はなく、自力で食扶持を探して移住するのが当たり前でした。
でもそんな移住者を待っていたんでは過疎化を食い止めるのにらちが明かないと村では思ったんでしょう。
補助を始めてから明らかに十島村の存在を知らなかった人たちが移住希望として来るようになりました。
補助のお金は2年間出続けます。
ただ、仕事の質にかかわらず報告さえすれば相当額がもらえるケースがあるようで、
はたから見ていると自由な生活ができていいなあとも思います。補助の切れ目が何とやら、
なんてちょっと頭をよぎったりします。正直。

島根県の離島では同じように移住者を募集していて、漁業従事希望者には船まで用意してくれる
とか。でも相当本人の本気度を見て判断するみたいです。






スポンサーサイト


  1. 2012/03/15(木) 21:58:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/332-6f68ac71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。