トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG9851.jpg
嵐の日以降、穏やかな日が続いています。
でも明日から奄美地方は雲が多めの日が続くということです。
♪み~かん~のは~ながあ~♪さあ~いてえ~いる~♪
CIMG9854.jpg
♪のい~ちご~のは~なもお~♪さあ~いてえ~いる~♪
CIMG9853.jpg
ついでに♪つ~ばき~の実も~~♪なっ~てえ~いる~♪
CIMG9852.jpg

新しい先生方もそろい、先日は中学校の入学式がありました。
小学校は今年は入学者0でした。
中学校には今年中之島小学校を卒業した男子生徒が1名入りました。

新しい先生は校長先生と臨時採用の先生を含め3名。
島では毎年新しい先生を迎えるのあたり、港でお出迎えの式があったり、
地域の人が引っ越し作業を手伝ったり、地区全体で歓迎会を行います。
十島村は昔、学校制度が日本で一番遅くひかれたという歴史があります。
学校の先生というのは、海の向こうの多くの知識を島に運んでくれる人として
島民は非常に尊敬していたんだと思います。
文字通り「聖職」だったのでしょう。
現在もその当時の名残が行事として続いています。

そんなこんな、春は新しくいろいろなことがスタートする時季ですが、
トカラ馬牧場も関係している中之島の施設の管理者が変わりました。
これは「NPO法人トカラインターフェイス」という組織が指定管理者として村から
歴史民俗資料館・開発センター・天文台・運動公園・牧場を管理しているものです。
今年初めから全国公募され、ついこの前から新しい人が来ています。
村からの指定管理委託は3年更新で、今年が3年目に当たります。
次の3年間も更新したいと、NPOの筆頭理事はやる気満々です。
ただ、このNPOは筆頭理事の独壇場になっており、残念ながらトカラ馬については優先順位が低いようですが。
CIMG9855.jpg
私の立場は変わりません。
“馬管理有償ボランティア”のままです。
実は馬に時間をもっとかけたくて、そして管理に私の意見が反映されるようになればいいなと
施設管理者に応募したのですが、「女性である」・「独身である」ということが採用基準に
あたらないという理由で選考にすら入れてもらえなかったみたいでした。
トカラ馬に関していえば
県/保存会←村/教育委員会←NPO←施設管理者←その下に私
と私の上に何重にもモヤモヤが重なっていて~・・・
ああ、天然記念物って大変だ(涙)


スポンサーサイト


  1. 2012/04/09(月) 21:28:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

トカラ馬

初めまして。
ブログ、いつも拝見させてもらっています。

仔馬たちも元気に育っている様ですね。

で、質問(愚問?)なのですが、中之島の“トカラ馬”は、“野性で育てて、種の保存”が基本なのですか?
それとも、
“人がしっかり管理をして育てて、種の保存”なのですか?
そこの所がよく解りません。

機会があれば、教えて頂ければありがたいです。




  1. 2012/04/11(水) 01:30:28 |
  2. URL |
  3. FJ #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
また、ご質問もありがとうございます。

何と言ったらいいか・・・。
飼育主体は十島村及び十島村教育委員会ですので、これは公式な見解ではありませんが、
「そこまで考えていない」というのが今のところの答えでしょうか。
「いろいろ業務に追われ多忙で、馬のことを考える余裕はないのです」というのが近いかもしれません。
行政は難しいもので、配属が変わり人が変わると全く違う組織のようになることもあります。
先の教育委員会課長さんはとっても良い方で、私の考えに賛同してくださっていました。
何かが動きだしそうな矢先だったのに移動なさってしまいました~
また今の体制はもっと複雑で、その下にNPOが入っています。

でもまあ、物理的な観点から申し上げればこの地で馬を「野生」で飼育するというのは無理な話です。
健全な野生生活を馬におくらせるためにはそれこそ広大な土地が必要です。島全体を馬に開放してくれるのならまだしも
現在の高尾牧場のスペースと区画ではできることではありません。

過去に書いたもの(gooブログ)を読んでくださっているとお分かりになると思うのですが、
行政側はできるだけ予算範囲内で馬を飼育したいと考えています。
だからこそ半野生のような飼育方法をとってきたのです。
でもそれは残念ながら個体数を減らす結果になってしまいました。

人が手を入れるのは当たり前のことだと思っています。でも
“人がしっかり管理して育てる”には今以上にお金がかかります。

つまり
“予算をあまりかけないで、種の保存”
が正解かな?
  1. 2012/04/11(水) 21:03:24 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/339-97a1b867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。