トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なゆたの様子
CIMG9979.jpg
去年末に「外部の傷が完治したら島に帰しましょうね」と言われてはや半年になろうとする頃・・・。
その傷の治りはどうやら恐ろしく遅いようです。
それには理由があります。皮膚が健全に自己再生する過程に、骨折部分を支えているプレートが
悪影響を与えているためです。
馬は人間と違って、患部にあたる部分は特に皮下組織が薄く、すぐ表皮と言ってもいいくらいなんです。
プレートがある分でっぱていて、穴の開いている箇所の皮膚が盛り上がりきれない、
ともすると膿が発生して、洗浄・再生のやり直しの繰り返しなんだそうです。

幸い肝心の骨の方は移植後まあまあ順調で、接合しつつあるそうです。
もともと骨の細胞は1年かけて再生を繰り返すもので、新しい骨に生まれ変わるには
もう1年見ないといけないそうです。
さらに今後の治療方針として、なゆたには一生プレートとボルトを埋め込んだままにしておくそうです。
成長には問題のない部分だそうで、まだ若い彼ですが問題はないそうです。
そう問題なのは一生はずさないと決まったプレートの上に皮膚が盛ってくれるかということ。
1回強制的に縫い合わせたそうですが、周囲の皮膚がもろく裂けてしまったそうです。

そのため帰島はまだ先。
いつ頃という目途もわからない状態です。
長い間お世話になっているので、隣人もどんどん変わってゆきます。
今回は豚さんたちが同居していました。
CIMG0021.jpg

なゆた本人は元気。
食欲もあり、遊ぶ意欲もあり、馬体も痩せすぎず良好です。
しばらくまた遠距離の生活は続きます。
CIMG0014.jpg
スポンサーサイト


  1. 2012/05/12(土) 20:59:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/348-2821b426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。