トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雑記

地球は何回太陽の周りを回ったことでしょう。
私はずいぶん歳を重ねてきました。
たまに感心します。
よく1回も止まらずに毎日毎日この長い年月を心臓が動きつづけているなと。
ほ乳類の多くはもうとっくに寿命を迎えてる。

まだ十代の時に社会の不条理さに「大人って!」と憤っていたそんな歳になっていて。
あの頃の若い憤りがそのまま今の自分に突き刺さります。

何が現実なのか
私たちは自分の目で見て脳でとらえるものしか世界として認識できません。

客観的現実というものがあったとしても、それはそれ、これはこれ。

TVに映るきれいなお天気おねえさんが、警報を伝えた後に
ニコッと笑って「それでは全国の天気です」といった瞬間、
スタジオのお姉さんの現実と、警報の出ている空の下にいる人の現実が
ぶわっと頭に浮かびました。

社会は一人一人の主観的現実の集合体だから、
一つの方向性を持つには
どれだけのエネルギーが必要か。

十代の自分が放った矢が突き刺さってはいるけれど、変わらず動けるのは
仏教にあるような“さとり”ではなく、
苦しいけれど受け入れてしまえば楽になれるという「積極的あきらめ」

成功するまで続ければ失敗はないし、
死ぬまで生きれるのです。

ああ、現代人って進化しているのかな 退化しているのかな


CIMG0097.jpg
スポンサーサイト


  1. 2012/06/22(金) 19:00:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

おせっかい

トカラウマさんは、
>私はずいぶん歳を重ねてきました。
と言えるほど年寄りなんですか!?
私は、お天気姉さん(皆藤愛子)と同じくらいの人だと思っていました。

>成功するまで続ければ失敗はないし、
>死ぬまで生きれるのです。

本田宗一郎と同じ哲学をお持ちなので、悟っておいでです。
すると70代?まさかねぇ。
中ノ島の牧場を検索すると、福澄氏の動画はヒットしました。
馬たちの動きが我が家のポニーと同じで、甘える姿が可愛いです。

後から歩いてついて来る際、鼻でお尻を押すのは愛情表現だと聞きました。
足を噛むのは攻撃でしょうか?痛いくらい噛むのですが、叱ってよいものか迷います。

薩摩半島の入来に行こうと思います。トカラウマの牧場もあるし・・・


  1. 2012/06/23(土) 21:53:32 |
  2. URL |
  3. 木曽っ子 #-
  4. [ 編集 ]

年齢は30代で、世間ではよく言う「アラフォー」です。

足を噛む動作は、子馬どうしや若い雄馬どうしがじゃれたり、
遊びながらお互いの力試しなんかをしているときによく見る行動です。
上の立場の馬にはしないことなので、
さらにそれが痛いのならば、叱った方が良いと思います。

入来に移住をされるのですか、
あちらは比較的冷涼な土地柄なので、
以前お住まいになっていらしたところに少しは近いかもしれませんね。

いいおうちが見つかったのかな?
  1. 2012/06/24(日) 19:33:53 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

馬鹿にされてますね。

近所の子供を背中に乗せると、決まって私の足を噛みます。
やめて!と抗議しているんだと思ってました。
自分より格下だと思い上がっているのかも。松本から晴海に運ぶ際、木曽馬牧場の主任が
手綱を握ったら、笑うくらい従順でした。一歩も前に出ず、お行儀良かったです。

実は私の本籍地は、入来の近所なのです。
小さいときは剣道をやっていたので、良く試合に行きました。
カヌーイストの野田さんも一時住んでいたので、リハビリ入院していた頃、尋ねようと思いましたが、麻痺がひどく
行けませんでした。

野田さんが移住したくらい、川は綺麗で鮎が泳いでいますし秋には、モクズ蟹がたくさん取れます。
実家から通ってもすぐですから、実家に住めば問題ありません。

あらフォーだと35歳以上40歳未満ですね。
私が学生や部下に講義していた頃、良く話していたせりふだったので、中年だと早とちりしました。

奄美は梅雨明け間近を思わせる天気です。
一度中ノ島に行きたかったのですが、一度行くと1週間帰れないので、諦めました。

仔馬がかわいいですねぇ。与那国馬のように分譲する計画はないのでしょうか?
近所のみやげ物屋の主人が欲しいと言って、見学に見えました。
私も知っている長野県の畜産業者に何度も相談しているそうです。
毎年ポニーを30頭も仕入れて売りさばいています。
  1. 2012/06/24(日) 21:26:58 |
  2. URL |
  3. 木曽っ子 #-
  4. [ 編集 ]

中年の一歩手前。
でもこの歳でも、ほかの生き物よりも何百倍何千倍のエネルギーを消費している種族の一員ですから、
やっぱり長く生きてるなとちらっと思ったりするのです。

中之島のトカラ馬は県指定天然記念物なので、生まれながらに法の網の中。
トカラの地で生きる運命を背負っています。

内地にいるトカラ馬は相談すれば手に入るかもしれませんね。
入来牧場の個体は有効活用が見込まれる団体ならば検討してくれるかもしれません。
  1. 2012/06/24(日) 22:19:34 |
  2. URL |
  3. tokarauma #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/360-41b82c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。