トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットをウロウロしていたら、福岡の博多港からジェットホイールが対馬に出ているとのこと。
7月8日の上り便のあとからフェリーとしまがドック入りして1週間ほど島に往来がないので、
職場の健康診断を絡めて、少し遠出してみることにしました。
5月に感じていた閉塞感を少しでも薄めたいなと思う気持ちからでした。
新しい場所で何か感じられればと。

在来馬はトカラ馬にかかわる前に、宮古馬や道産子には会っていました。
ここに来てからも与那国馬、木曽馬、ミサキウマ、と会う機会がもてて、
いよいよ対州馬です。
どんな感じで飼われているんでしょうか~。

九州新幹線開通で、鹿児島中央駅から博多駅まで乗り換えなしで
行けるようになりました。
往復2枚切符で片道9,000円の旅です。
この日は自由席にも空席があり、1時間30分ほどの移動はウトウトしている間に
終わりました。

博多駅は九州新幹線開通に合わせて
駅ビルもリニューアルしており、ぴかぴか。
さすが九州一の都市だけあって、人人人です。

お祭りが近かったようで、こんな飾りが出てました。
CIMG0308.jpg

博多ではバスを利用しました。
停留所では乗りたい号が今どこらへんにいるのか
電光掲示板で知らせてくれます。
イライラ防止でしょうね。助かります。
CIMG0383.jpg

市立博物館にも立ち寄ったのですが、その行く道
なんと路線バスが高速に乗っちゃうんですよ~。
初めて体験しました。
吊革につかまって立った状態で高速を走るって。
おもしろかったです。
CIMG0415.jpg
福岡市立博物館には
かの
国宝「漢委奴国王」の金印がありました。
教科書でも有名な。
小さかった~。
でもその後、ミュージアムショップでレプリカがあり、
触ってみたらずっしりと重いので
これは本物の重さですか?と売り子さんに聞いたら
本物の半分以下ですよというので、
見た目とは違う本物の存在感に改めて驚嘆したのでした(遅い)。

それと、収穫だったのが、
那珂遺跡群から出土したという馬の骨の一部に会えたこと。
6~8世紀の遺物であろうということで、
まさに在来馬たちのご先祖様ですよ。
埴輪はあるけれど、本物ということで、
う~ん、感慨深い。



スポンサーサイト


  1. 2012/07/19(木) 14:41:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/368-93882c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。