トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG0592.jpg
発生から10日以上経っている台風21号、
未だ沖縄周辺をウロウロしています。
中之島からはまだ距離がありますが、それでも影響が出ています。
波が高く月曜出しのフェリーは欠航になりました。
また気圧の関係からか、一昨日・昨日高尾牧場付近は強風が吹き荒れました。
今日は午前中湿った空気が入り込んでかなり蒸し暑く、
夕方からは台風周辺の雲がかかって冷たい雨になっています。

台風本体は今日になってようやく進行方向が定まり、
スピードを出して動き出す予報です。
中之島には明日の午後以降最接近の予報です。
このところ涼しくなり、涼しいのが好きな馬たちは元気にしています。
秋の台風ですが、力強く乗り切ってくれると思います。



動物が絡む事件事故が報道されています。
富士サファリパークのゾウの事故、詳しいことはよくわかりませんが、
関係した飼育員さんたちに共感できる部分がありました。
生まれたばかりの赤ちゃんを何とか助けたいと身を挺して行動してしまった
飼育員さんのことをとても身近に感じます。
動物の親が子供に危険を加えるという行為が起こってしまった場合、
それが自然環境下で野生動物ならば自然の摂理の一部としてその悲劇を
見守ることもできましょうが、
人間のためにわざわざ飼育されている(させてもらっている)動物を扱う上で、
傍観してはいられない出来事です。
それが普段身近に接している子であればあるほど。

人と動物と新しい命と、
それぞれ置かれた環境でベストを尽くすしかないのだと
改めて考えました。

また、山から市街地に出てきたツキノワグマが
パンパン撃ち殺されているニュースも最近多いです。
お怪我をされた方々の恐怖も慮っての上のことですが、
やはり処分は残念に感じてしまいます。

私は大学時代北海道の知床に通っておりましたが、
ヒグマと人との距離感みたいなものは現地で学ばせていただいていました。
ツキノワグマはヒグマと比べもっと人間との距離が狭い地域に生息している動物です。
今以上に動物生態学や行動学に詳しい人材が増えて、人と動物との距離感を
わかりやすく周知できる環境になってほしいと思います。


追記
こんなページを知りました
http://rocketnews24.com/2012/08/10/239651/

動物と人間のまた一つのあり方です。
スポンサーサイト


  1. 2012/10/17(水) 19:32:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/393-00205eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。