トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG0742.jpg
この時季奄美地方はぐずついた天気が続くのが常だそうですが、
あ~やっぱり嫌だ雨・雨・雨
夜半から断続的に土砂降り
工事中の道もこの雨で小規模の地すべりだとか。
雷も鳴りました。
でも日本上空の気圧配置のせいで南から暖かい風がふきこんでいるそうで、
気温は比較的暖かかったです。
写真は雨と雨の止み間に少しだけ顔をのぞかせた空。すぐにまた
雲に覆われましたが。
ご覧のとおり海もちょっとしたシケ。
フェリーはこの波で予定より1時間遅れて入港しました。
天気予報では2.5mということでしたが、
乗客はけっこう揺れを感じたのではないでしょうか。

今日は中之島西地区と東地区がそれぞれ忘年会です。
それぞれ島内放送で違う地区の方もふるってご参加くださいと
案内がありました。
それならばいっしょに合同でやった方が楽しいのではとも思いますが、
それはそれ、
慣例で別々の公民館で行われるようです。
中之島は住民の移住時期やその組織的内容により
地区が3つあります。
他のトカラの島はそれぞれ自治会は1つづつなので
中之島はけっこう特徴的です。
移住の時期が違うそれぞれの自治会はそれぞれ生活文化を有しているので、
住人の人数が減ったからと言ってすぐすぐには合流できない要素があるようです。

特に西地区の人口減少は顕著で、地区の温泉当番が1か月に2回まわってくる
スピード。
一方東地区は村営住宅や教員住宅が多くあることから、
Iターンや先生方若い人も比較的多いのが特徴です。

島内の人口が減っても、3地区がまだ維持できているということは
案外まだまだ人の力に余裕があるのかもしれません。

世代が変わってもともと島の人よりも移住者が多くなって来れば
また変わってくるのかもしれませんが。

さて、私は生協で食材を購入していますが、
注文は発送日の2週間前から1週間受け付けられます。
電話に送信機をかざして注文を取る方法と、ネットでも
注文ページがあります。
内地では続々とスーパーやコンビニ、デパートなどで
宅配業務が拡大中とのことですね。
お年寄りや小さいお子さんをかかえたお母さんなど
買い物弱者に人気だとか。そうでなくても重いものやかさばる物は
もしお店に出向いて出会う特価価格と変わらないのであれば断然利用した方がお得
に感じます。
ただ、鹿児島市内のスーパーはどこも離島は範囲外です。
唯一してくれるところがあるのですが、宅急便さんとコラボしていて
別途送料がかかります。
現在十島村では島内在住の住民の生活向上を目的に、
食料品に限りフェリー運賃を全額助成しています(鹿児島→各島の一方通行ですが)。
その場合は鹿児島港のフェリーとしま乗り場に直接荷物を持ち込み、食料品だという
ことを申告します。
大手のスーパーではなく個人商店さんはこの仕組みを利用してくれて
港まで注文品を持ち込んでくれるのです。
生協もこの仕組みを利用してくれるようになり、送料が無料になりました。
そのため宅急便のようにフェリー運賃がかかるのは少しだけ損を感じてしまうわけです。

今日のフェリーで来た生協カタログ
年内最後の発送に対する注文なのでお正月特集です。

CIMG0746.jpg
スポンサーサイト


  1. 2012/12/15(土) 18:17:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/411-f14a194a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。