トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何だか、分かりにくい感じの文章で皆さんに疑問を持たせてしまっているようで
大変申し訳ございません~。
このブログは何がメインなのかがわからないから、なんか半端な感じですよね(汗)
はじめはトカラ馬の飼育環境を変えたくて、どんな現状かを私の目から見た範囲で
広く皆さんにお伝えするための場でした。(その頃は押しかけ自称ボランティアでした)
でも、馬ばっかじゃつまんないよ~という読者様からのお声を頂いてその他に島の様子を載せたり、
自分のことを少し書いたりしていたので、コンセプトがごったまぜの感がいなめません。
でもそれを承知で続けてきました。
だからここまで詳しく書いたらどうなの?と思うことも多々あり、
中途半端なお茶を濁すような下りもあったと思います。

4月以降のことはまだ決まっていません。
私は島にいるかもしれないし、いないかもしれないということです。
いなくなっても馬たちの世話は4月からの施設の指定管理者が行います。
いえ、今も体裁はずっと指定管理者であるある団体が行っているのです。
私はその団体に雇われた?有償ボランティアという立場です。
現指定管理者の委託期限が今年度末でいったん切れるので、
その期に私の今の状況をもっとステップアップさせたくて、
「委託団体にさらに雇われているボランティア」という立場を脱しようと“今”試みているところです。

馬は役場の持ち物です。
自動的に管理主体は村教育委員会になってはいますが、
管理者からいらないと言われれば、私なんかハイソレマデなのです。
島に来て8年目、今まで馬と関われたことは本当に幸せでした。
それをこれからもさせてもらえるかどうかは、今役場の判断になっているということです。

じゃあなんで前項のようなことを書いたのかというと、
もしダメだった時にショックが大きくならないようにです。
肝っ玉小さいので予防線ですな。
だから仕事がなかった時はあーしたいこーしたいと夢をいっぱい計画していますが、
逆に受けれた時にもあーしたいこーしたいっていう希望がいっぱいあります。
スポンサーサイト


  1. 2013/01/26(土) 13:28:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

なっとく、、、

なるほど。
四月には与那国と宮古に行きます。
序でに、こちら。釧路での図です。このリンクバーで見れると思うのですが、、、
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.456766387705685.98319.259424110773248&type=1
  1. 2013/01/27(日) 07:25:43 |
  2. URL |
  3. 清田進 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/432-159cc22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。