トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月前半の天気に比べて、なんて日照時間の長いことでしょう。
本当に極端。
G.Wは中日に午前中だけ雨が降って、以後ずっと晴れです。例年は雨の日のほうが多いので珍しいです。もう、夏の陽気。
観光地に比べたら微々たるものですが、連休中は多くのお客さんでにぎわいました。
今年は大きな望遠のレンズを備えたカメラを片手に回る人を非常に多く見かけました。
野鳥を狙っていたと思うのですが。連日の晴れで、お客さんもよかったのでは。


CIMG4772.jpg

CIMG4793.jpg


CIMG4765.jpg

↑種がこぼれて、ところどころでゆりが咲いています。
ご先祖を大切にする風習は各地であり、その方法も様々です。お仏壇を豪華にするところ、墓を豪華にするところ。沖縄の亀甲墓はすごく特徴的ですよね、家族がそろって墓の前でお弁当をひろげるというから、すごいです。
鹿児島の人はご先祖様のお墓に花を絶やしません。お供えする花の消費量全国1位だそうです。
島の人も新鮮なお花を絶やさないように畑の一角で作ったり、鹿児島から取り寄せたりしています。


CIMG4775.jpg

↑これは、クワズイモ。白いのは花でしょうか。
いつも見慣れていて気にも留めませんでした。
なんだか不思議な形。
ミズバショウのよう。


CIMG4820.jpg

日中は本当に太陽がきつくて、暑いです。
水もおいしそうだ。
遊馬は飲むというよりは水で遊んでいる感じでした。ちょっと幼稚園みたいでしょ。

実はこの時期が最も紫外線が強いそうですよ。
油断していると真っ黒。
本当は6月が1年で一番強いのだそうですが、梅雨の雨雲でシャットダウンされているのだとか。
だから梅雨前後の1ヶ月が最も注意しなくてはいけない時期だそうで。
でもついつい春の感覚を引きずって油断してしまうものです。
動物たちは毛に覆われていて暑そうですが、こうして紫外線から守られているのでしょうね。

今日、ニュースで、在来馬の一種宮古馬が観光に活躍していると報道されていました。
緑肥であるひまわりが今真っ盛りで、花をメインにイベントをしたとか。その中で馬も引き馬で
活躍したみたいです。
トカラ馬よりも総数が少ない宮古馬ですが、こうして活用されているというのはうらやましい限り。

スポンサーサイト


  1. 2009/05/10(日) 20:00:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/53-2b57df9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。