トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG5028.jpg

今日、いよいよ、“和馬(なごんま)牧場”開拓が本格化です。
やっとやっと重機が入ってくれました。
背の高い竹が、入り組んだ枯れ竹が、みるみる粉々になってゆきます。
草刈機の奮闘が冗談のようなスピード。ありがたや。



それと別の暖かい場所に“なごんま果樹園”も始動です。
パパイヤ作ります。
果物としてもおいしいのですが、私は熟す前の実を野菜としてチャンプルーにするのが好き。
これから種をまいて苗を作ってみます。
あとバナナとみかんを植えます。

実がなったら馬に乗って収穫しに行けたらいいなー。


CIMG5029.jpg

中学生のとき、先生が「夢はみるだけでは叶わない」という話をしてくださいました。どこぞの流行歌のような感じですが。
好きなアイドルがいてお付き合いしたいなと思っても、ただTVを見て念じているだけでは叶わないんだぞ。
所属事務所に応募したり、自分に磨きをかけて具体的行動をしなければだめなんだ。
という比ゆで説明してくれました。
今考えればなんちゅう例えだとも思いますが、その当時わかりやすかったことも事実です。
だから、やってみたいことに向かって何か具体的な行動を考えるときになんとなく頭の片隅に出てくる言葉なのです。
“アイドルとお付き合いしたければ・・・”
そんな流れでこの話はどうかとも思いますが、2年ほど前島嶼の研究をしていらっしゃる大学教授にここのトカラ馬の飼育管理についてアドバイスをもとめたところ、「NPO法人を立ち上げて指定管理者制度にもっていければいいんじゃないか」という答えをもらいました。
つまり、公で管理されている馬たちを法人が代行するということです。
それからは選択肢の片隅にいつも入っているのですが、「夢のような制度」ではないようなのでまだまだ考え中です。

指定管理者制度は公の業務の民営化に順ずる形ですが、様々な縛りも多くけして民間の力を十分発揮できる形態にはなっていません。
また期間が限定される場合もあり、細切れにされることで十分なスキルが育たない恐れがあります。

特区とか?何か良いアイデアありませんか。

CIMG5020.jpg
スポンサーサイト


  1. 2009/05/31(日) 19:48:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/62-4f6d79b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。