トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG5344.jpg


がっつりと居座っている高気圧。
もう一週間、イヤもっと?ずっと晴天が続き、通り雨もありません。
夏の太陽はカンカン、気温ジリジリ、焦げそうです、沸きそうです。
ただ、7月に入って日出地区はところどころ雲がかかる日が多いです。
もちろん太陽光は降り注ぎ、湿気も温度も高いので灼熱なのは変わらないのですが、
きっとこんなような空模様ならば日蝕のときは太陽の形を隠してしまうかもしれません。
島は標高の差があるので、里に下れば御岳にかかる雲の心配はほぼありません。
当日は海に近い学校庭での観測がいいかもしれません。
私は日蝕のそのとき馬のそばにいたいので、高尾にいるつもりですが、
もしかしたらトカラにいて日蝕を見れなかった珍しい人間になるかもしれません。


CIMG5348.jpg

日蝕まで一週間になりました。週間予報の天気予報にも
22日当日の予報が出るようになりました(奄美地方は晴れ)。
いよいよ準備も大詰めで、近畿日本ツーリストの小型バス、ツアー客用の消耗品や設備が
運び込まれています。
下請けの若いお兄さんたちが各所に目印の看板を立てていっています。

日蝕は5年も10年も前から周知されていて、今まではただの天体ショーくらいの感覚しかありませんでしたが、よくよく考えれば6分間も夜になるのですから、事前に警告してもらっていなければパニックになることでした。
まだ天体の動きが解明されていない時代の人々は皆既日食を悪魔の襲来と考えたほどですから、当時の人々もこんなことがあるよと教えられていたら肝をつぶさずにすんだでしょうね。


CIMG5352.jpg

土鈴って聞いたことありますか?粘土でかたどって素焼きした上にカラフルな顔料で着色した日本古来の民芸品です。
コロコロコロとこもったようなカワイイ鳴りがします。
こちらは・・・・土馬。
からからに乾いた土に体をごしごし。
汗だくの全身にマッタリと土が付着。
土浴びしているあいだ土煙が3mも4mものぼって、すさまじい光景です。
スポンサーサイト


  1. 2009/07/15(水) 20:23:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/83-ffcd9868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。