トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

22日は全国のニュースや特集番組が組まれ、
皆既日蝕が大きく放送されました。
感動に包まれた人、残念賞だった人、様々。
すでに3日がたちましたが、鹿児島版のニュースでは日蝕を島で過ごした人たちの帰省の
様子が報道されたり、運よく見られた人のコメントや、当日出ていた巡視艇の様子や、
高校生・大学生の研究の様子などがまだまだTVで伝えられています。
かくいう中之島にも船便を待つツアーのお客さんが10数名残っています。明日の上り便で
いよいよ離島です。お疲れ様でした。
日蝕当日が一番天候が悪く、夕方にもどしゃ降りでした。九州北部地方も大雨に見舞われて、
関東も戻り梅雨があって、全国的に不安定な感じですね。今日は高尾の雲は晴れて、
星が見えています。

日蝕当日は馬の牧場内で馬の観察をしていました。
記録はデジカメの動画機能を使って撮りました。
皆既明け
馬のシルエットがはっきりと。
明るくなってから、ブラックを先頭に移動。
信頼できるリーダーを筆頭に群れがまとまって行動しています。
馬の特性ですが、平常時は餌のよい場所や快適な場所をよく知っている年長のメスウマが
リーダーとなって群れを率いますが、外敵などの現れた緊張時には真っ先にボスオスが群れの
先頭に立って率います。
当日は厚い雲に覆われ、雷もなり、風も強かったので日蝕の変化は晴天でむかえるときよりも
大きいものではなかったと思いますが、それでも真っ暗闇に襲われた緊張感は少しあったのかも
しれません。ボスのブラックについてゆく群れの姿から想像します。

普通の暗闇=夜間の平常時には馬は食事を続けます。移動し、草を食み、ほんのわずかな
時間まどろむのを繰り返します。
今回の突然の暗闇=皆既日蝕はじっと身をひそめ、6分間の闇のなかば頃にはそわそわと数
メートル移動した様子を見ると、いつもの闇とは違うということを認識していたのだと思います。

そんな観察をしたので、NHKさんが取材に来ました。
子供向けの番組のなかで、中之島の子供たちが馬は日蝕の時どう反応するのか?という疑問の
答えになる一場面を撮りたかったようです。
恥ずかしながらカメラの前で少ししゃべりました。使われましたら、ご愛嬌。


追伸
動画モードで撮った画像の一部を抜粋して写真として載せようと試みましたが、
使い方の操作がよくわからん。
できたら、アップします。(T0T)
スポンサーサイト


  1. 2009/07/25(土) 22:43:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/87-661ed2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。