トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太陽の活動は一定ではなく、あるスパンで強くなったり
弱くなったりするそうです。
活動が弱いときは地球は氷河期のように気温が下がるのだとか。
こんなに温室効果ガスを撒き散らしている現代、もう少し太陽活動が低下して
くれたらトントンじゃないかな~と都合のいい願望。
科学技術やモラルが世界中に行き渡って、CO2やフロンガスの排出が抑えられた頃を
見計らって太陽活動がまた今くらいの水準になればナイスタイミング・・・
いや、
そんな妄想を抱くほど暑いのです。
さらにこんな暑い中、ロキおがトカラtheトリオのもとにけんかを売りに脱柵。
けんかを売るというよりは完全なる押し売り。たちが悪い。標的はグレーで、かわいそうに。
そうゆう本人も自損で目頭を切っており、おいおい。
メスのところに戻りたくなっていたらしく、私が柵を開けたらすんなりと戻ってゆきました・・・。
管理人は知らん顔だし。
“いろいろ言いたいこと”はのど下まで出ているのですが、飲み込まなくちゃいけない。
見苦しいから。
政党が互いにあげあしを取りあったり、それについてTVのコメンテーターがしたり顔で文句を
言っている。
それがどんなにつまらなく、建設的でないと感じられるか。だから。
でもね、納得できないことをただ飲み込むだけではストレスです。どうしたら良いんですか。
「おおさまのみみはロバのみみ~~」
ゴーイング マイ ウェイをいけるヒトはいいのか?でもそうゆうヒトは周りにストレスを感じさせたり。


CIMG5433.jpg
柵は末期
CIMG5436.jpg

十島村は行政改革をすすめようとがんばっています。
行政改革推進委員会というのがあって、各島から代表が出て役場と共に話し合っています。
日蝕イベントで先送りになっており、次の会は9月頃になるかも、だそうです。
ご存知の通り十島村は多離島を抱え、役場は鹿児島にあり、お互いの顔が見えない分、
他の地域以上にとても難しい問題が山積みです。
人口減少で衰退してゆく村、今の利便性を捨ててでも役場を村内に戻し、職員とその家族を
村に住まわせるべきだという意見があります。また、行政サービスが低下していると感じるため、
役場職員のワークシェアリングを行い職員数を増やすべきという意見もあります。
役場からの現時点での答えは村役場の移転及び職員住宅の建設は財源が無い。
職員給与のカットは今でさえ2~3役こなしている職員の士気が下がり、優秀な職員の離職に
つながるとのこと。
それに対して推進委員からは
役場職員は十島村民の2倍以上、鹿児島市民の平均所得よりも高い給与をもらっている。
5分の1、6分の1、を返上したとしても低水準にはならない。それで職を辞してしまうようならば
それだけ地方行政に熱の無い人材で、期待できる職員とはいえない、、とのこと。
どちらの言い分ももっとも?
対立が解消されず、このまま相容れないならば、補助金カットのこの危機的状態下、
名実共に破綻してしまってから良くも悪くも大きく変わるのかも知れません。

横浜市長が地方分権を本格的に推進しようと発展的辞職をしましたが、十島村は国からの
補助金で生きているところ。
現在の知事会の思惑通りに地方分権が成し遂げられたら、島はどうゆう立場になるのでしょう。
スポンサーサイト


  1. 2009/08/03(月) 19:18:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/89-2af53c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。