トカラ列島トカラ馬2 ~和馬日和(なごんまびより)~

トカラ列島中之島には日本在来馬「トカラ馬」が飼育されています。小さな島の小さな馬たちの様子をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIMG5464.jpg


巷では総選挙の話題が多くなってきていますか?
中之島にも立候補予定者が演説に来ました。三島村から十島村の全10島を2日に分けて、
ヘリコプターで。すげー。
具体的な選挙の様子って、ブログに載せてもいいもの?一個人の発言の場だけれど公職選挙法
に触れない?
よくわからないので写真は撮りませんでした。
ニュースなどでは大物といわれる政治家も選挙区の末端の地域まで回っているみたいですね。
中之島に来た立候補者は「中之島が変われば日本が変わる!」と言っておられました。
島民の支持政党は様々です。家の外壁に自民・公明・民主などのポスターが貼ってあります。
私は・・・
最近郵便局会社が冷たいんです。こんなにがんばってきたアルバイトの給料を激減させるという
提示。
不満はあるけれどでもまだ郵便局で働かせてもらっているので、支持政党はおのずと決まって
くるわけです。

投票日は離島のため繰り上げの27日です。

今、トカラ馬の飼育状況を見たいと大学生の女の子が島を訪れています。
ドサンコを除いた7種の日本在来馬の飼育現場を視察し、論文にまとめるそうです。
在来馬の活用は保護に比べて相対的に立ち遅れていると分析し、各地の現状を見たり現場の
人々から聞き取りをしているそうです。

活用が未発達といわれる要因はけして馬の性質にあるのではなく、主に人間側の問題が多い
ようです。
霞ヶ関でも論じられることと同じように、従来の仕組みを保ったまま発展を目指すのか、
新しい力を投入して方向転換しながら発展を目指すのかというところの問題です。
日本在来馬にはその全てに保存会があります。保存会の会員は馬を個人的に飼育している
人だったり団体だったり有識者だったりで、JRAなどの中央の組織はその保存会をメインの相手
として各種在来馬の今後のあり方を模索するかたちに現状ではなっています。
今こうやって在来馬が存在しているのは保存会に関わっている人々のおかげです。
純血を守ってきた歴史があります。
しかし在来馬の存在意義は活用にあるという声が保存会内外から聞こえ始め、それはいいことなのですが、保存会メンバー及び新規参入者の間でもその目指す活用の形(ゴール)や具体的対策の方向性が違い、今日の在来馬活用の発展を難しくしている面があります。
いや~抽象的な表現でゴメンナサイね。

中之島はそういった現状からすら一歩も二歩も遅れていて、馬の健康というまったくもって
根本的な確立もあやふやな状況です。
活用はもちろん目指したいです。
私の想う活用は純血を維持し、トカラ馬を島の自然を表現する存在にするということです。
スポーツとしての活用は他の品種に任せます。島のトカラ馬は日本最高の僻地できらりと輝く、
宝物のような、その宝物(馬と島のコラボレーション)に触れると今まで気づかなかった気持ちが
芽生えるという奇跡の存在。ま、端的に言えば島内トレッキングです。
どこでもやっていることのように思えますが、トカラという土地の力が鍵となります。
それにどれだけの価値をお客さんが見いだしてくれるか、またプレゼンできるかにかかってくるの
ですが。

皆それぞれに活用のイメージが違います。
もっともっと個体数が増えて全国の乗馬クラブにポニーとして普通に流通するのがいいという人
もいるでしょう。
そのためには在来の形質を残しつつ、駆動力のよい他の形質を掛け合わせるのも必要になるの
かもしれません。
純血を守ってそれでも現金化できる秘策を模索している人もいるのかも。
在来馬に関わる人の分だけ活用の理想像は種類があると思います。
でも、結局はその人間どうしが協力していかなければどれも進みません。
在来馬活用は=人間の協力

理想は高い壁の向こう??乗り越えていくべー。
スポンサーサイト


  1. 2009/08/13(木) 11:56:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarauma.blog23.fc2.com/tb.php/91-8a3873a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。